【指輪を売る時の相場】素材別、ブランド別の婚約・結婚指輪の売り方

 
 

思い出がある指輪でも、時に手放す事になる事もあります。

そんな時に人はどうするのでしょうか。

捨てる?壊す?それでも出来れば、今の生活の手助けにしたくはありませんか?

 

手放したくない物を手放すのですから、しっかりとした値段を付けて頂きたい所ですよね。

今回は出来ればあまり来て欲しくいはない指輪を売る時、そしてその時の相場をお教えします。

スポンサーリンク


素材別のおおよその相場(購入金額の何分の一など)

ここでは指輪の材質としてポピュラーである

  • プラチナ

この3つのおおよその相場をお教えしましょう。

 

  • 銀素材

silver

おおよその相場としては購入額の10分の1程度になります。

 

シルバーはあまり価格変動のない金属であり、重視されるのはその純度です。

逆に言えば純度の低い物は買い取り額が低くなるという事です。

ですから購入する際に純度をしっかりとチェックするのが大切になります。

 

因みに

950は含有率95%

925は含有率92.5%

をそれぞれ表しています。

 

買い取りを考えている店舗にてグラム単位金額が表示されているので、そちらを参考にすれば大体の相場が分かるかと思います。

ただ注意が必要なのが

「SilverPlate」の刻印で、これは銀メッキである事を表すもので買い取りの対象にはなりません。

 

  • 金素材

gold-bar

こちらもおおよその相場としては購入額の10分の1程度になります。

が、金は銀よりも1g辺りの相場が高いので、その日の状況によってかなり変動を見せます。

 

ただ相場、その価格のまま買い取られる訳ではありません。

 

金相場として発表されているのは24金、金塊のような純度の高い金の価格です。

 

もしも売りたい指輪が18金なら

相場価格を24で割り、更に18をかけた値段が18金の相場となります。

 

例えば、1g4500円の相場として

10gの18金のものであれば…

4,500円÷24金=187.5

187.5×18金=3,375円(18金の相場)

3,375円×10g=33,750円

 

そして、当日相場の100%で買い取りを行っている店はない為、

大体は70~80%での買い取りが行われます。

 

ですので、上の例で計算すると

70%の場合は、33,750円×70%=23,625円

80%の場合は、33,750円×80%=27,000円

という風になります。

 

  • プラチナ素材

platinaum

プラチナもおおよその相場としては購入額の10分の1程度になるようです。

 

プラチナ素材の指輪には指輪本体に数字が刻印されており、

その数字がプラチナの含有率を示しています。

pt-mark

Pt1000 純度100%(純度99.9%)

Pt950 純度95%

という風に純度が表示されているので、

この純度の相場価格とプラチナの重さを掛け合わせる事で、買い取り価格が算出出来ます。

注意点としてはプラチナにも相場が有り、一日の内で数度変動する事です。

 

全ての店で共通という訳ではありませんが、

指輪の値段は買った時の10分の1程度になってしまいます。

 

これは買った時からの年数、傷の具合、また付属している石によっても変動します。

 

もちろんダイヤモンド等の効果な石が付いていれば、

その分買い取り価格も上昇しますが、

石を取り外して加工する為

その手数料も引かれる事になりそのままの値段とはいきません。

 

ここで、「ブランド品であればどうなのか?」という疑問も浮かぶ事と思います。

ブランド品ならその買い取り相場は上がるのか?そもそも買い取り出来るのか?

次にこれにも触れておきましょう。

スポンサーリンク


ティファニーやカルティエの場合は?

tiffa-cultie

大まかに申し上げますと、

ブランド品の指輪の場合の買い取り額は

購入時の5分の1程度になります。

 

これは指輪の付加価値として「ブランド」が加味される為です。

 

それこそ万人に人気のカルティエ、

女性に人気のティファニーであれば買い取り額は高くなります。

ただ買い取り店、リサイクルショップによってはブランドによっては取り扱いをしていない事もあるので、事前に確認する事が大事です。

 

また良く「婚約指輪、結婚指輪でも売れるのか?」と言う人がいますが、

指輪はそれ自体ではなく、

素材である金やプラチナを再び溶かし、

再利用する目的で買い取りされる事が多いので売る事は可能です。

 

ただイニシャル等の刻印がある場合はブランド品であっても

その場所を削って販売される事が多く、

その手間賃を取られたり、買い取り自体を請け負っていない店もあります。

この点も販売前に店に問い合わせを行っておく方が良いでしょう。

 

指輪の買い取りで損をしない為には

point5

一言で指輪の買い取りといっても、

その素材やブランド、その時点での相場で値段は大きく変わってきます。

 

残念ですが購入時と変わらない値段での販売は出来ないので、

出来るだけ高値で買い取って貰いたい人はその点に注意しましょう。

 

また買い取り相場、購入の目安を明確に明示している等、信頼できる店で買い取って貰う事も大事です。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ