【指輪が邪魔になる】育児と出産では指輪は外した方が良い理由

 
 

出産、育児中は結婚指輪でも外すべき?

 

「赤ちゃんの世話、育児、出産をする時に指輪を外した方が良いのか?」

 

たまに聞かれますが、結論から言えば「外しておく方が良い」です。

 

寧ろ外していない方がデメリットが大きい、とまでも言えるでしょう。

 

ただ大切な結婚指輪だから外したくないと言う人や

外している事で旦那さんに文句を言われるから、という事で悩んでいる人もいる様子。

という事で今回は、「出産、育児時には指輪を外した方が良いのかどうか」をテーマに。

 

  • 出産時における危険性
  • 赤ちゃんに怪我をさせてしまう危険性
  • 衛生面、日常生活での外しておいた方が良い要素

 

これらについて解説します。

どうして外した方が良いのか、それについてしっかりと説明しますので、よく聞いて下さいね。

スポンサーリンク


実は危険性が潜んでいる、出産時の指輪

shussan-shitate

まず、ちょっと特殊な危険性である出産時の指輪の危険性を説明しましょう。

 

病院側も結婚指輪を着用している事については特に言いませんが、

もしも出産時帝王切開になった時に電気メスを使用する病院であれば、

感電の危険性があるので無理矢理にでも外します。

 

この時に妊娠のむくみ等で指輪が外れなかった場合は、

カッター等で指環を切断される可能性もあります。

 

帝王切開で電気メスを使用しない病院なら問題ないと言われそうですが、

急遽大きな病院に搬送されて手術となった場合は間違いなく指輪は外すでしょう。

 

何故なら大手の病院は基本的に電気メスを使用しますので…

後、恐らくですがその際には緊急時として指輪の保証等はないと思いますのでご注意を。

 

お気に入りの指輪が切断されたとなると、悲しいですよね。

ただでさえ妊娠中は体に変化が訪れますので、出来れば早めに外す事をオススメしています。

万が一があるのが出産、それを防ぐ為にも、指輪は外しておいた方が良いと言えるでしょう。

 

育児時に邪魔に成り得る、指輪の存在

ikuji-yubiwa

それと指輪と言うのは、デザインにもよりますが

結構「引っかかる」アクセサリーです。

 

もしそれで赤ちゃんの柔らかい肌を引っ掻いてしまったら…

それを想像するだけでも悲鳴が出そうですが、

もっと悲惨なのは、知らず知らずに引っ掛けて外れた石や突起部分を赤ちゃんが口に含んだら…

育児の最中は赤ちゃんの口に入りそうなもの、入れそうなものは完全シャットアウトが基本。

 

そして「引っ掛かりがないデザインだから、育児の時に着けていても」というのは早計です。

 

良く言われている事ですが、指輪は雑菌の寝床。

日常生活で溜まった皮脂、ゴミ、それらが雑菌の餌になって繁殖しますので、

その指輪で赤ちゃんに接する、また赤ちゃんの口に入る物を触る事は避けた方が良いでしょう。

そういった衛生面での注意点から見ても、やはり指輪は外しておいた方が良いでしょうね。

baikinman-yubiwa

 

実際に妊娠、育児時は指輪を着けたりしている人でも、段々指輪の存在が邪魔になる事も多いです。

これは愛情云々ではなく、母親になった自覚として

やはり「赤ちゃん」が一番になり、どうしても指輪にまで気を配る事が難しくなってしまうからでしょう。

 

ただそういう人でも「旦那に外している事で文句を言われる」と悩んでいる人もいますね。

一番良いのは、これらの危険性を話して、納得して貰う方法ですが…

それがダメなら…

  • 「大事な指輪を勝手に切られたら」
  • 「外れなくなって切る事になったら」

「大事な指輪」を強調すると良い説得材料になるでしょう。

また指輪をネックレスにして身に着けるのも良い対処法、その分のチェーンは旦那さんに選んで貰いましょうね。

 

大事な事ですが、指輪を外す事は愛情が喪失したからではない事を理解して貰いましょう。

このような事で心変わりを疑うような男性は、自分がそうであるからです。

たかだか指輪一つで愛情を疑うなんて、逆に旦那さんの方に何か後ろめたい思いがあるのでは?

と、言えるくらいが丁度良いかもしれませんよ?

 

とは言え、旦那さんの方も赤ちゃんに愛情を取られてしまうようで寂しいのかもしれません。

ここはもう一度お互いに話し合い、愛情を言葉にして貴女から旦那さんに伝えて、安心させてあげて下さいね。

スポンサーリンク


要らなくなった訳じゃない

point5

出産時、育児の際に指輪を外すというのは、安全性を求めての事です。

酷い話をするようですが、指輪は代わりが見つかっても赤ちゃんに代わりは見つからないのです。

 

ましてや結婚指輪という物ではなく、赤ちゃんという「命」が二人の間を繋いでいるのですから。

確かに結婚指輪は宝物、外す事に最初は抵抗がある人もいるでしょう。

 

だけど外したら一生そのままという訳ではありません。

出産育児を経てからまた嵌めれば良いだけです。

何が一番大事か、もう一度良く考えてみましょう。

既に貴方達の愛情の証は、別の形で芽吹いているのですから。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ