【結婚指輪を無くしたら?】指輪の探し方と許してもらう一番良い方法

 
 

大切な結婚指輪を紛失してしまったら…?

結婚した証である、夫婦にとって非常に大切なものである結婚指輪。

どんな人にとっても大切な指輪であることは間違いありませんが、時として紛失してしまうこともあるようです。

結婚指輪を無くしてしまったら、パートナーには言ったほうがいいの?

どこを探したら見つかるの?

そんな「結婚指輪をなくしてしまったときの対処法」について、まとめました。

スポンサーリンク


婚約指輪は実に三割以上の人が紛失している

shock-woman

これは結婚指輪ではなく婚約指輪のケースですが、実は3割以上の人が指輪を紛失した経験があると統計が出ています。

  • タンスの整理をしていたら、どこかにまぎれてなくなってしまった
  • 車でドライブに出かけたら、いつの間にかなくなっていた

など、婚約指輪を失くす理由は様々。

 

婚約指輪は基本的に「特別な時以外は身に着けない」という方が多いですので、

置き場所さえ忘れなければ紛失する可能性はそこまで高くない、とも言えますよね。

 

しかし、結婚指輪の場合は毎日つけるという人がほとんどですので、

婚約指輪よりなくしてしまう可能性が高いとも考えることができるのではないでしょうか。

 

そこで、結婚指輪を紛失した理由について調べてみました。

  • サウナに行く時に外して、そのまま忘れてきてしまった。
  • パーキングエリアのトイレに入った時に外して手を洗い、忘れてきた
  • 指輪をつけてはいけない仕事をしているので、ネックレスにつけていたらチェーンが切れていて紛失。
  • 海水浴で海に入った時に、なくしてしまった
  • 仕事用の手袋をとったときに、指輪も一緒にとれてしまったようで、sのまま紛失。
  • トイレで手を洗っているときに指輪が抜け、排水溝の中に消えた

また、これは実際にテレビ番組で放送されたケースですが、お金を募金しようとしたときに小銭と一緒に指輪もいれてしまったというケースもありました。

 

そして、意外なのが「指が細くなり、いつの間にか抜けてなくなっていた」というケース。

出産後に痩せてしまい、ぶかぶかになった結婚指輪を無理にはめていたら、無くなった

ということもあるようです。

確かに、指が細くなって抜けやすくなった指輪をつけていると、抜けてしまう可能性は高くなりますよね。

 

理由は様々ですが、やはり指につけている時に紛失するよりも、外しておいた時にそのままなくしてしまったというケースが目立ちます。

そして、やはり結婚指輪を紛失してしまった時はかなり落ち込み、必死になって探し、パートナーに言うべきかどうかで悩んでいる人が多い様です。

 

結婚指輪を紛失してしまったら、パートナーに言うべき?

ayamaru-kanojo

では、結婚指輪を紛失してしまったらパートナーに言うべきなのでしょうか?

黙って同じ指輪を購入するという方法もないわけではありませんが、やはり「言うべき」という意見が大半を占めるようです。

理由については、

  • 黙って同じ指輪を買ってごまかそうとするのは、誠意がない
  • あとから出てきて、パートナーが見つけた時にどう言い訳するのか
  • 夫婦であれば、言いにくいこともきちんと伝えるべき
  • 言ってもらえないことの方が辛いと思うから

など。

 

「言ってもらえない方が辛い」という言葉は、

やはり

「本当のことを言ってもらえないということは、自分は信用されていないのか」

という感情からくるのかもしれません。

「期限をきめて、それでも出てこなかったら伝える」という意見もありました。

このように、その日までは必死に探すけれど、どうしても駄目だったら言う」という選択肢もありますよ。

 

実際に指輪を失くしてしまった人がパートナーに事実を伝えると、怒られたとしても最終的には許してくれる、ということが多いです。

  • あらゆる場所を探したが見つからず、正直に謝罪した。妻は理解してくれた
  • 妻にはとても怒られたが、許してくれた

 

パートナーが結婚指輪を紛失してしまうことはショックなことではありますが、

そのパートナーもわざと紛失したわけではないということ、本人もショックを受けていて辛いという気持ちが相手に伝われば、きっと許してくれます。

きちんと伝えて謝罪をする、ということをおすすめします。

スポンサーリンク


後から出てくるケースも多い

high-touch

そんな結婚指輪ですが、紛失したと思っても後から出てくるというケースも非常に多いです。

どんなに探してもなかなか出てこなくて落ち込んでいたら、

忘れたころに出てきた…ということもありますので、なくなったとしても希望を持っておくことは大切ですね。

見つかるケースをみると、本当に身近なところから発見されていることがわかります。

 

  • あわててあちこち探し回ったが、結果的に自分のポケットの中に入っていた
  • 自宅にある冷蔵庫の隙間から見つかった
  • 紛失したと思ったが、ベッドの隅に落ちていた
  • 仕事中に外していて、紛失したと思ったら仕事用のズボンのポケットにあった
  • 旅行カバンの中から見つかった
  • 水道の排水溝に流してしまったが、水道管の曲がっている部分に引っかかっていた
  • 仕事場のデスクの下に落ちていた
  • 布団を片付けていたら、そこからなくしたはずの指輪が落ちた
  • 外出先のトイレにそのまま指輪が置いてあった
  • 友人にプレゼントを渡した時、それを入れた紙袋の中に指輪が紛れ込んでおり、見つかった
  • 最初に探したダンボール箱をもう一度探してみたら、見つかった
  • 子供のおもちゃ箱の中に入っていた

 

一度探したはずのところを、もう一度探してみたら出てきた…!ということが本当に多いので、探してなかったとしてもあきらめず、日にちを置いてみるということも重要になりますね。

トイレや店に忘れたとうケースも多いので、気づいたらできるだけ早めにもう一度店に行ってみること、店員に確認をしてみるということも大事です。

実際、「外出先で入った店のトイレに忘れたが、戻ってみたらそのまま置いてあった」ということも。

 

外で紛失した疑いがある場合は警察に届けてみるということも大事になります。

結婚指輪の場合、デザインや刻印の有無などで結婚指輪とすぐに解りますので、見つけたひとが「大切なものだろう」と気づいて警察に届けたり、紛失した店に届け出たりということも多いとか。

最後まであきらめない、という気持ちを持って探してみましょう!

 

でも、どうしても見つけることができなかったら…?

kekkon-yubiwa2

とはいえ、やはり「どう探してもなくしてしまった結婚指輪が出てこない」ということも。

どんなに探しても結婚指輪が出てこないとなると、やはり落ち込むし後悔ばかりの日々になってしまいますよね。

そんな時、思い出してほしいことがあります。

「指輪が無くなった時は、その人に降りかかる災いの身代わりになってくれたと考えること」。

 

二人の愛を誓った指輪には、愛するパートナーの思いがたくさん込められています。

そんな指輪だからこそ、最愛の人に降りかかるはずだった災いをすべて受け止めて姿を消したのだ…という考えが、あちこちで紹介されています。

結婚指輪をなくしてしまったら、誰でも本当に落ち込むでしょう。

でも、その指輪が悪いことを持って行ってくれたと考えれば、「良かった」と思えるようになるのではないでしょうか。

 

結婚指輪を紛失してしまい、パートナーと話し合って買い直したという夫婦もたくさんいます。

指輪がなくなってしまったとしても、別のものを購入してそこから新たに二人の人生を刻んでいくというのも、

新たな絆が生まれてよいかもしれませんね。
 
WEBで完成図を見ながら自分に合った結婚指輪を
2000通りから自由にカスタマイズ作ることができるオンラインショップ




 
出てこなかった場合でも、考え方を前向きなものに変えてパートナーを大切に日々を歩んでいきましょう。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ