【貯金に最低な理性を高めるパワーストーン】天然石ソーダライトの意味と効果

 
 

ソーダライトは、ラピスラズリの構成する青色鉱物の一つです。

その為、ラピスラズリに似ていますが、ソーダライトは濃い紺地に白や褐色の脈があります。

 

それは、デニム地に似ています。

 

ナトリウム(ソーダ)を含有している事から、ソーダライトと言われるようになりました。

 

和名は、結晶が等軸晶系を示す「 方 」を語尾に追加して「 方ソーダ石 」と言います。

ソーダライトの鉱物の結晶系と主成分を完結に表しています。

 

一般には、壁や床などの装飾用の材料として用いられたり、観賞用の大きさの台に乗った置物や、彫刻され加工される事が多いですが、均一の色合いの物は、丸玉のビーズ等になりブレスレットや、ネックレス等の装飾品になります。

 

ごく稀に、合成サファイアのような色目の半透明な美しいソーダライトが出る場合もあります。

スポンサーリンク


 ソーダライトの原産国 / 価値について

 38.ソーダライト

ソーダライトは、主にカナダ、ブラジル、南アフリカ等で産出されます。

 

ソーダライトはラピスに似ていますが、ラピスよりも安価で特にビーズなどの丸玉を使ったブレスレット等は、お求めやすい価格で楽しむことができます。

 

ソーダライトのパワー

 

ソーダライトは、邪気を払い恐怖心を押さえるとされ、古代エジプトではパワーストーンとして重要視されてきました。

 

理性的な思考、行動をとる能力を高め、洞察力も強くなり、仕事運や学問の向上に手助けをしてくれる「知性の石」と言われています。

 

また、理性的な思考を高めることは、衝動買いや、無駄使い、突発的な行動を押さえてくれる効果もあり、人と人とのコミュニケーション能力もいい方向に発揮できるでしょう。

 

ソーダライト・こんな人におすすめ

 

面接試験を受ける時

ペーパー試験も緊張するものですが、それ以上に神経を使うのが面接試験です。

自分の全てを短い時間の中で判断されるのです。

自分の能力や自己アピール、好印象を持たせる為にも、ソーダライトを忍ばせて面接試験に臨んでみてください。

 

ソーダライトは緊張感をほぐし、気持を冷静に楽にさせてくれる石です。

また、あなたの知性を最大限に引き出してくれるでしょう。

緊張感がとれ、努力して培ってきた実力を発揮出来るはずです。

 

あがり症の人にはおすすめの石です。

 

お金遣いが荒い人

お金って使うからこそ意味がありますよね。

お買い物程楽しい事はありません。

あれも欲しい、これも欲しいと、お金があればあるだけ使ってしまう人っていますよね。

買った物が有効に利用されていて、何も無駄になっていないのならばよいでしょうが、お金遣いが荒い人で何とかしたいと思ったら、ソーダライトがお勧めです。

 

ソーダライトは衝動を抑えてくれる効果があると言います。

 

これ買おうって思った時に、まず、ソーダライトを握りしめてください。

あなたのその衝動を一旦リセットしてくれます。

 

「そう言えば同じような物、持っていたわ。」

「良く見たらいらないわ。」

 

不思議と気持ちが第三者的になり、冷静に判断することが出来るようになります。

スポンサーリンク


ソーダライトとお勧めの他の石との組み合わせ

 

  • ソーダライト + アペンチュリン

人生の軌道修正をする

 

  • ソーダライト + スギライト

目標、夢がかなう

 

  • ソーダライト + カイヤナイト

継続、持続する力を養う

 

ソーダライトのお手入れ方法

 

ソーダライトは、水や塩分、紫外線で変色する場合があるので、汗が付着したら乾いた布でその都度ふき取るようにしてください。

 

直射日光に当たる場所に長い間置かないようにしてください。

若干硬度が低めなので、衝撃には十分注意してください。

 

ソーダライトについてまとめ

 

ソーダライトは、特に宝飾品として普及されていたわけではありませんでした。

 

英国のマーガレット王女がカナダに外遊した時に、オンタリオ州の主要産地の一つで、美しいソーダライトが大量に産出されました。

 

それは、まるでマーガレット王女のカナダ訪問を祝福しているようでした。

 

そういった経緯から、この地で採れるソーダライトは、マーガレット王女にちなんで「プリンセス・ブルー」と名付けられました。

 

英国王室と言えば、セレブ雑誌にそのファッションがすぐに掲載され、瞬く間に人気となります。

その影響力と言えば巨大な市場となります。

 

ソーダライトは大人気となり、ネックレスやブレスレット等の装飾品に加工され、世界中の女性達に愛されるようになりました。

 

マーガレット王女は、エリザベス女王の4歳下の妹にあたります。

 

お茶目で自由奔放、知的で活発、またその美貌は、世界中の女性達の憧れの存在でもありました。

 

妻子ある男性との恋愛のスキャンダルも幾つかあり、自由奔放な生き方も人気の一つだったのかもしれません。

 

王室で孤立しがちだったダイアナ妃が頼っていたのは、慣例にとらわれないマーガレット王女でした。

心を許せる相談相手であったと言われています。

 

マーガレット王女は、1995年に脳卒中で倒れ車いす生活となり、2002年71歳でこの世を去ります。

 

マーガレット王女亡き後も、「プリンセスブルー」のソーダ―ライトは、縁ある人の元でその変わらぬ輝きを誇示しています。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ