【天然石サファイアの効能】おすすめのパワーストーンとの組み合わせ

 
 

宝石質コランダムで、赤色以外の物をサファイアといいます。

ちなみに赤色は、ルビーです。

 

サファイアは、ギリシャ語で「 青 」を意味する「 サフェイセス 」からきています。

和名は、「 蒼玉(青玉)せいぎょく」と言います。

天空の青とつながり、海の青、地球の青、宇宙の青として、清らかな精神を表し、「 最も神に近い石 」と言われ、昔から聖職者が身に付けていたと言います。

 

神聖なサファイアの魅力に惹きつけられた王者も多く、古くから、王族や君主の王冠やティアラに最も多く用いられた宝石といえます。

 

女性に人気があり一般的なのは、透明な深い青色ですが、不純物の鉄とチタンに起因して、イエローサファイア、ホワイトサファイア、ピンクサファイア、オレンジ色のパパラチアサファイア等があり、青以外にも多くの色相を持ちます。

 

サファイアは、9月の誕生石です。

スポンサーリンク


サファイアの原産国 / 価値について

 29.サファイア

サファイアの主な産出国は、ミャンマー、タイ、インドです。

 

天然でグレードが良い物は、宝飾品となり、質の劣るものは工業用になります。

 

ダイヤモンド、ルビー、エメラルドと並び、上質なサファイアは希少価値も高く、高級ジュエリーとしてプラチナや18金台の指輪に仕立てられます。

主流となるのは深い青い透明感のあるブルーですが、価値の高いサファイアの中でも橙色のサファイアは、「 パパラチアサファイア 」といい、天然の物は幻の宝石と言われ滅多に出廻ることはありません。

 

サファイアのパワー

 

サファイアの宝石言葉は、「 誠実 」「 慈愛 」です。

この宝石を身に着ける事で邪心が消え、自然と心が清められていくのがわかります。

神聖な気持に包まれ、直観力や判断力に一層の磨きがかかるでしょう。

 

また、すべてお見通しと見透かされているような深い透明感のあるブルーの前では、嘘はつけません。

真実を突き付けられそうな、そんな怖さをもった宝石です。

 

しかしながら、何も後ろめたいことをしていなければ、守護石として精神と魂の癒しに効果を発揮する宝石なのです。

 

サファイア・こんな人におすすめ

 

若くて美しい女性と結婚する人

 

若くて美しい女性と結婚するならば、奮発してサファイアのリングを贈りましょう。

青は誠実さを表す色です。

 

嘘をついた女性の指にはめられたサファイアは、色が変わってしまうといった言い伝えがあるのです。

美しい魅力的な彼女に別の男性とのちょっとした浮気心や、偽りの気持ちを持った場合、あなたがプレゼントしたサファイアは、あなたに真実を知らせるべく、彼女の嘘を暴くでしょう。

 

かといってそんなに束縛してもいけません。

彼女を信じて、自分に自信を持ってプレゼントしましょう。

花嫁の純潔を象徴する石として、花嫁が身に付けると幸せになる石なのですから…。

 

人として、ワンランク上の人間になりたい

 

インスピレーションを高めたい時、人間として見かけだけではなく、内面も美しく磨きをかけたいと思ったら、サファイアのリングを身に付けましょう。

 

努力して知恵や知識を学ぶのはもちろんですが、

そんなあなたの聡明さ、優雅さ、慈愛の気持ちを高めてくれるのが、サファイアです。

サファイアの輝きに恥ずかしくない女性になりましょう。

 

スポンサーリンク


サファイアとお勧めの他の石との組み合わせ

 

サファイア + ルビー

目標達成に強い効果がある

 

サファイア + 水晶

浄化作用の強化

 

サファイア + ラブラドライト

信念を貫く強さを養う

 

サファイアのお手入れ方法

 

サファイアは、ダイヤモンドの次に硬度が高い宝石です。

熱にも強く、超音波洗浄も大丈夫です。

但し、グレードの低いサファイアで宝石の中にキズがあるような場合は、超音波洗浄は避けてください。

割れてしまう場合があります。

汚れたら中性洗剤をといたぬるま湯で軽く洗い、水洗いをして洗剤を落としてください。

 

サファイアについてまとめ

 

サファイアで思い浮かぶのが、故ダイアナ妃です。

ダイアナがチャールズ皇太子から贈られた婚約指輪は、12カラットもの大きなオーバルカットのサファイアの周りを14個のダイヤモンドで囲んだゴージャスなリングでした。

 

ダイアナの長い指にフィットし、その青く美しい輝きをいつしか追うようになりました。

メディアや雑誌に映るダイアナの指には、いつもそのサファイアのリングが輝いていました。

1986年に日本に来日した時も、しっかりサファイアリングを確認し、とても嬉しくなった事をよく覚えています。

 

その後、悲しい事にダイアナ妃は不慮の事故で亡くなられてしまいました。

深い悲しみと共に、あのサファイアリングはどうなったのだろうかと、ふと頭を過っておりました。

 

ところが、なんと、キャサリン妃が同じサファイアリングをしているではありませんか…。

ウィリアム王子は、キャサリン妃にプロポーズをする時に、このサファイアリングを贈ったのだそうです。

 

「生涯僕達が一緒に人生を送るという事実を、母と共有するための僕なりの方法だったからです」

ウィリアム王子がメディアに語った言葉です。

 

素晴らしいことですね。

息を吹き返したかのように、キャサリン妃の指にフィットしたサファイアは、あの日と同じように、とびっきり美しく輝いておりました。

 

サファイアの持つ内面の奥底から放つエネルギーと、身に付けた女性の内面の美しさがマッチして、

より美しく輝き、世の女性達を惹きつけるのでしょうね…。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ