【誕生日でもクリスマスでも安心】指輪のプレゼントの選び方はこれで解決

 
 

指輪をプレゼントに贈る、と言うと特別なイメージがあります。

それはきっと指輪を贈る=プロポーズというイメージがあるからでしょうね。

 

しかし現代では指輪は婚約指輪、結婚指輪だけに留まらず、普段使いしやすいカジュアルな指輪もたくさんの種類があります。

またペアリングの普及、リーズナブルな値段の指輪も増えてきたことから、記念日などのプレゼントに指輪を贈るという選択肢も増えてきました。

そんな中で新しく生まれた悩み、それはプレゼントに指輪を贈るとしたらどんな指輪を選べば良いのかということ。

そこで今回はプレゼントに贈る指輪の選び方を、以下のポイントに付いてアドバイスしましょう。

 

  • プレゼントに指輪は失敗しやすいのか?
  • 指輪を贈ることでまず考えること
  • 成功するために、選び方で大事なポイントは?

 

指輪をプレゼントして、喜んで貰うために。

大切なポイントを一つ一つ考え、そして抑えていきましょう。

スポンサーリンク


プレゼントに指輪は失敗しやすい?

joseph-pearson-352148

いきなりマイナスな印象を与えてしまうかもしれませんが、指輪は贈るのが難しいプレゼントという印象があります。

これはどうやら、指輪をプレゼントに贈って失敗した、というエポソードが多く見られることが原因の一つだと考えます。

まずはその指輪をプレゼントに贈った時の悲しい出来事を見てみましょう。

 

1.サイズは聞いておいたんだけど…

「プレゼントにペアリングを贈ろうと思ったので、彼女に数ヶ月前から指輪の話をしてサイズをさり気なく聞き出しました。

はい、さり気なく聞き出せたと思うんですが、それが失敗した原因です。

何となく話を振られただけと思った彼女は、だいぶ昔に測ったサイズを僕に教えたんだそうです…

良く良く考えたら、彼女は普段から指輪を着けてなかったですし、急に振られてパッとサイズが分かりませんよね。

贈った指輪をちょっと緩くて彼女の指で回ってしまっていて、彼女は何とか固定する?道具を着けて使ってくれました。

自分もサプライズにこだわりすぎて悪いことをしたなぁと思いました。

 

指輪を贈る時にポイントとなるのが、サイズです。

と言うよりも指輪は身に着けるアクセサリーですから、サイズは優先度でも高いポイントになります。

そこで間違いのないサイズを選びたいのですが、そこでサイズを自分で調べるか相手に聞くのかという所。

 

サプライズなら何とか自分で調べたい所ですが、間違いないのはやはり相手に聞く…

そこで残念ながら、失敗してしまった体験談ですね。

指はサイズが変わりやすいこともあり、しかもこのパターンは彼女自身も自分の指のサイズがはっきりとわからなかったパターン。

こういったケースを防ぐためにも、女性だから、自分の指のサイズだから指輪のサイズが確実に分かっている訳ではない、ということも考慮しなければいけないということが分かると思います。

 

2.サイズが違って気まずい思いをした

「クリスマスプレゼントに彼女に指輪をプレゼントしました。

指輪を贈るならサプライズだろうと思っていたので、こっそり指に糸を巻き付けて図る、という方法を知ったので試してみることに。

眠っている彼女にこっそり糸を巻きつけて、それを図ってショップで指輪を選びました。

だけど実際に贈ったら何でかキツキツに……?

自分でも「しまった?え?間違えた?」と焦りましたが、それは贈られた彼女も同じだったようで…

必死に指輪を嵌めようとしてくれて、痛そうだったので止めて貰って後日二人でサイズ直しに行きました。

彼女は始終謝っていて、本当に悪いのはサイズをミスった俺なのに…

まぁその経験があったので、結婚指輪と婚約指輪は二人で選ぶようにしましたけどね(苦笑)

 

サイズが違って失敗したパターンですが、これは良くある指のサイズの測り方を試して、失敗してしまったケースですね。

女性に指輪を贈ってサイズが合わない、しかもサイズがキツいともなるとまず着けることができませんし、女性としても「指が太い」と思ってしまって傷ついてしまいます。

 

なのでサイズ違いの中でも一番辛いケースと言えるでしょう。

 

この体験談ではどうしてサイズが違ってしまったのか分かりませんが、いくつか考えられる理由があります。

一つは指輪を付けた時には指がむくんでいた場合、午前と午後でも指輪のサイズは変わるほど繊細です。

もう一つは彼女の指が指自体は細くても関節が太いタイプだった場合、この場合だと指の根元を図っても、途中の関節を指輪が通らず結果として指輪がキツくなります。

 

そして最後に、測り方。

指輪のサイズは一号と表されますが、円周約1mmでサイズが変わるほど細かいのです。

なので少し強く結んでも、弱く結んでもサイズはすぐ変化してしまうので、どれくらい締め付けるかの力加減も重要になってきます。

今はぴったりのサイズが測れるリングゲージやリングゲージ棒などもあり、無料での貸し出しをやっているお店もあるので利用してみることをオススメします。

 

3.シルバーで良いと思ったのが間違いだった

彼の誕生日にお互いにペアリングをプレゼントしようと言うことになって、二人で選びに行きました。

男性用と女性用で色が違う方がいいかな、と思って彼はシルバー、私はピンクゴールドの指輪にしました。

が、これが失敗したなぁと。

 

彼は肌の色が濃いので、シルバーの指輪は浮いたように見えちゃうんですよね。

凄くペアリングを喜んでくれているので言えないけれど、もうちょっと指に合う指輪を選んであげたかったなぁと思っています。

 

因みに私もピンクゴールドが色合いが可愛くて決めたのですが、こっちはこっちで何だか肌が赤いように見えてしまって…

嵌めて良く見て決めればよかったなぁ

 

こちらはお互いにペアリングを贈りあった女性の体験談ですが、指輪の色合い、素材がポイント。

指輪の素材はそれこそ金属だけでなく、最近では金属アレルギーにも配慮してか、木製の指輪もオーダーメイドで受け付けてくれる、という販売店もあります。

 

また体験談にもあったように、ペアリングの男性用か女性用かで素材を変えている指輪もあります。

指輪は素材によってその見た目だけでなく、着け心地、お手入れの仕方、合う指、似合う手の色合い、などなどが全然違ってくるのです。

だからこそまず身に着けてみて、できたら手だけではなく全身のトータルバランスもチェックしてみましょう。

またサプライズプレゼントで贈るなら相手の手の色合い、肌の色も考慮するだけでなく、相手がアクセサリーを良く身に付けるならその他のアクセサリーの色合いバランスも考えて贈りたいですね。

 

と、体験談から色々と話しました。

結論から言うと指輪をプレゼントで贈るのは難しいです…

しかし、決して必ず失敗するということではありません。

 

指輪はどうしても値段が張ることもあり、失敗するとダメージが大きいことから失敗談のエピソードが記憶に残りやすく、そのことで「指輪はプレゼントが失敗しやすい」というイメージで話されることもあります。

 

しかし、失敗する点からどうすれば失敗しないか、を考えることで、指輪をプレゼントに贈る時の選び方も分かってきます。

次に指輪をプレゼントする際に考えるポイントをまとめていきましょう。

スポンサーリンク


指輪を贈ることでまず考えること

giulia-bertelli-94235

では先ほどの体験談を参考にしつつ、指輪をプレゼントにする時、選ぶ時に気を付けないポイントをまとめてみましょう。

簡単にまとめると以下の四点がポイントになります。

 

  • サイズ
  • 素材
  • 色合い
  • デザイン

 

サイズは指輪がぴったり合うかどうか、だけではなく、サイズが合わなかった時に指輪のサイズ直しをして貰えるかどうかも考えておくと、万が一、体型変化で指輪が合わなかった時に対処できます。

次に素材はその素材が好きかどうか、相手に合うかどうか、金属アレルギーはないかも考えましょう。

 

そして色合いですが、できればアクセサリーとして他のアイテムとの組み合わせも考えると相手も身に付けやすいです。

もちろん相手好みのデザインかどうか、似合うデザインかどうかも大切なポイントです。

これは体験談には挙がっていませんでしたが、指輪はデザインによって、指輪の輪が太いか細いかだけでも似合うかどうかが決まります。

プレゼントは似合うかどうかが大事ですから、相手の好きなデザインを送ることも大事ですが、その指に良く似合うデザインの指輪を選びたいですね。

 

そこでこれらのポイントを抑えながら、プレゼントに贈る指輪の選び方をアドバイスしていきましょう。

 

成功するために!指輪の選び方アドバイス

soroush-karimi-387511

サイズが合うかどうか

指輪を贈る時に一番気を付けたいのは、やはりサイズが合うかどうか。

サイズが合わない指輪ではお気に入りでも身に着けられませんし、無理に付けていては怪我の元にもなりかねません。

そうならないためにも、相手の指のサイズにあっているかどうかは指輪の選び方の絶対条件とも言えるでしょう。

では相手の指輪のサイズに一番合う指輪はどう選ぶのか、それは以下の方法です。

 

【一緒に買いに行く】

間違いのない方法は、一緒に買いに行くこと。

目の前で身に付けて貰えれば似合うかどうかの確認もできますし、相手の好みの指輪を選ぶこともできます。

ただサプライズで贈る場合、もしくはインターネットで実品が無いまま購入するという場合ではこの方法は使えません。

そんな人には、もう一つの方法。

 

【リングゲージ棒を使う】

リングサイズ棒とも言う、リングのサイズを図るための棒です。

これにリングを嵌めれば、そのリングサイズが分かります。

相手が最近嵌めた指輪をこっそり拝借して調べてみましょう。

この方法は指に糸を巻いて調べるよりも簡単で、確実に指輪のサイズを調べられるというメリットがあります。

リングゲージ棒は購入することも可能ですが、最近ではお店やインターネット販売店でも無料で貸し出しをしている所もあるのでそちらで借りるというのも手ですね。

 

注意したいのはサイズを見る時、見方が分からない、という人が多いこと。

このリングゲージ棒の見るポイントは、真横から見て指輪の中心に何号のメモリあるかどうか、です。

 

なぜなら指輪のサイズの基準位置は指輪の中心なので、そこがその指輪のサイズになるんですね。

知らずに指輪の下の部分や上の部分を見てしまう人もいますので、リングゲージ棒を使う時はこの使い方も合わせて気を付けて下さいね。

 

この方法で相手の指にぴったりの指輪を選ぶことができます。

 

 

相手の指に合うかどうか

次にポイントとなるのが相手の指に合うかどうか、似合うかどうかです。

つまりは素材、色合い、デザインなどのトータル面になります。

贈るとなると相手の好きな物を選びがちですが、アクセサリーでは好きなデザインかどうかと同じくらい、似合うデザインかどうかは大事です。

ここで見たいのが相手の指の太さ、手の色です。

 

【指の特徴から指輪を選ぶ】

まず長くて細い指なら、細身のストレートデザインの指輪が似合います。

太いタイプや指輪のデザインがボリュームがあるタイプだと、細い綺麗な指がただ貧相な指に見えてしまって指の良さを消してしまいます。

長くて太い指の場合は逆に幅が広い、ボリュームのあるデザインの指輪を選びましょう。

こちらも細いデザインの指輪を選んでしますと更に指が太く見えて、指輪よりもそちらに目が行くようになってしまって不似合いです。

 

短い、細い指の場合はS字デザインとゆう緩やかなウェーブデザインの細身タイプがオススメです。

 

S字ラインは特に薬指に着けると、下がっている指の付け根ラインに沿うので指の見えている面積が大きく見えることから、指自体が長くすっきりとして見える効果があります。

ですがデザインが太いと指が長くて細い人と同じく、指の細さが目立って貧相に見えてしまうのは変わらないので、S字ラインでも細いシャープデザインの指輪が良いですね。

対して短く太い指の人も、指輪のラインがストレートではなく、ウェーブになっているものが良いです。

 

こちらもS字ラインだと指の肉に逃げ場ができて指を細く見させることができます。

注意したいのは幅広デザインの指輪で、これでは指の太さや短さばかり強調されてしまうので気を付けましょう。

 

因みに男性や、女性の中でも関節が太い人は、

ボリュームのある、ポイントではなく全体にデザインがあるタイプの指輪がオススメです。

 

まずボリュームのあるデザインでないと指の関節の太さが強調されてしまいますし、どうしても指輪のサイズを関節に合わせて選ばないといけないので指輪が根元にぴったりとせず緩くなりがちです。

こうなると指輪が回ってしまいやすくなり、指輪のポイントがズレて見えてしまいます。

 

それを防ぐために指輪を固定するアイテムを使うという手もありますが、回っても良いように指輪のデザインを考えることでも対処がやりやすくなりますよ。

 

【肌の色合いを考えて指輪を選ぶ】

また指の特徴、と言うよりも肌の特徴に合わせる場合は指輪の素材に注目して指輪を選びましょう。

 

黄色人種である日本人にはシルバーよりもゴールドの方が良く合い、より肌の黄色味が強い、肌の色が濃い目の人にはイエローゴールドが似合います。

日焼けをしていて肌が色黒の人には実はピンクゴールドが肌馴染みが良いので、男性でも名前に遠慮せずまずは身に着けて色を確認してみて下さい。

 

逆に肌の白い人にはシルバー、もしくはプラチナやホワイトゴールドなどがオススメ。

どうしてもゴールドが良い場合はゴールドとシルバー系統のミックスされたデザインの物を。

これは肌の色が濃い目の場合でもシルバー系統が良い、という時の選び方でも同様です。

 

他のアクセサリーとの組み合わせ

他のアクセサリー、特に贈る相手が女性だとトータルコーディネートも考慮したい所。

ここで参考になるのが他のアクセサリーの素材、いつもの服装、好みの宝石やブランドです。

特に相手が女性の場合、アクセサリーが好きな人の場合は好きなブランド、宝石や素材をチェックしてみましょう。

同じブランドライン、同じ宝石や素材を選ぶことで他のアクセサリー、お気に入りアクセサリーと一緒に身に着けやすくなります。

 

その他で考慮したいのが服装、特にお気に入りの服装に合わせた指輪選び。

シンプルですっきりしたコーディネートに、派手でゴテゴテしたデザインの指輪は少し不向きですよね。

なので相手の普段の服装から指輪のデザインを選ぶというのも選び方の一つです。

特に相手のお気に入りのコーディネート、気に入っている服を着ている写真を用意しておくと、ショップで店員相手に相談しやすいので試してみて下さい。

 

指輪のプレゼント選びは、決して難しくない

scott-webb-57611

指輪のプレゼント選びは、プレゼントの選び方の中でも難しいと言われます。

ですが相手の雰囲気や、指の形、色合い、普段身に着けているものを考慮していくと、どんな指輪をプレゼントに選べばいいのかは自然と候補に上がってきます。

 

まず大事なのは、相手にどんな物を贈ったら喜んでくれるのか。

そしてそれを考えて行くこと自体が、プレゼントする指輪の選び方そのものなのです。

 

もし何か記念日でプレゼントに指輪を贈りたいと思っているなら。

そうでなくても相手に喜んで貰える指輪を贈りたいなら。

そしてその指輪の選び方に悩んでいるのなら。

この選び方で相手にぴったりの指輪を探して下さいね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ