【むくみが気になる妊娠中の結婚指輪選び】出産後も安心の指輪購入法

 
 

むくみが気になる 妊娠中の結婚指輪選びの方法

結婚指輪は、誰しも念入りに吟味をしながら選びます。

ただのアクセサリーではなく愛の証でもありますから、やっぱりずっと身に着けていたいですからね。

 

そんな結婚指輪ですが、妊娠後から着けなくなったと言う人も多く見られます。

これにも理由はちゃんとあり、妊娠することで体質が変わり、多くの場合はむくみから指輪のサイズが合わなくなってそのまま…

と言う人が多いようです。

 

そんなむくみが気になる、妊娠中の結婚指輪選び。

授かり婚が増えてきた現状、珍しくないパターンですが、そんな時だからこそ結婚指輪選びには注意を払って行かなければいけません。

 

  • 妊娠中の結婚指輪の選び方のポイント
  • 妊娠中のむくみ、一番の対処法
  • 出産時、出産後の指輪

 

そこで以上の3ポイントに付いて、ご説明しましょう。

スポンサーリンク


妊娠中の結婚指輪の選び方のポイント

ninshin-ring

ここで少し説明しておきたいのですが、妊娠することで誰もがむくんで指輪がきつくなる、着けられなくなる訳ではありません。

むくみの症状が手に出ない人もいますし、サイズの変更はあったけれどその後から体型やむくみが取れて戻る人もいます。

ただこればかりは妊娠、出産が全て終わらなければ分からないことですよね。

 

じゃあ予めブカブカの指輪を購入するか?と言うとそれも間違った対処法。

ここではサイズ直し・交換などのアフターケアが充実しているお店を選ぶ方法をオススメします。

 

アフターケアと一言で言っても色々ありますから、いくつかポイントをお教えしましょう。

 

まずはサイズ直しや、指輪の交換などの対処をしてくれるか、してくれるなら期間はどれくらいまでか。

これはショップによっては期間内なら無料であることも多いので、しっかりとチェックを。

 

またその指輪のデザインでどれくらいサイズ直しができるか、これも重要です。

指輪を包むようにダイヤモンドが配置されているエタニティリングだったりすると、指輪を広げた場合は石の配置が変わってしまってサイズ直しができないのです。

このポイントを押さえて、お店選び、指輪選びをするのがポイントですね。

 

また結婚指輪を買う時に店員に妊娠していることを伝えると、サイズ選びやアフターケアに付いてアドバイスが受けられるので、隠さず相談してみて下さい。

 

妊娠中のむくみ、一番の対処法

ninp

さて妊娠中の指輪の選び方のポイントをご説明しましたが、その上で妊娠中のむくみに対する一番の対処法を。

 

それは。指輪の購入を後にすることです。

 

妊娠中、今の段階でむくみがなくても臨月に近付くとむくみが悪化するケースは多く、ブカブカの指輪でさえキツくなることさえあるのです。

もちろんこれがどれくらいの状態かは、前述したように想定はできません。

しかもこの問題は妊娠中、臨月間だけでなく、出産後にも起こり得ます。

 

もう一つの状況として「指輪がブカブカになる」という状況もあるからです。

出産後は授乳中に入ることで、体重が激減、むくみどころか指が細くなってしまい、指輪のサイズが逆の意味で合わなくなるという体験をする人もいます。

こうなると指輪のサイズダウンをすることになりますが、その場合でも指輪を切ってサイズ直しをする方法は変わりません。

このサイズ直しも簡単には言いますが、指輪を作り直すことで強度が下がってしまうため、できれば避けたい状況。

確実に何が起こるか分からない現状であるなら、指輪の購入は出産後しばらく経ってからにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク


出産時、出産後の指輪

ninp-ring

また指輪の購入を出産後にした方が良い理由は、サイズ変更だけではありません。

 

出産時に万が一帝王切開などになった場合、感電の危険を考慮して指輪は外されます。

この時、更に万が一指輪が外れないと指輪は切断される可能性があるのです。

この場合は緊急時として指輪の保証等はないケースが多いので、レアな状況とは言え、絶対に無いとは言えない状況なのです。

 

そして出産後……つまり育児期には、指輪は赤ちゃんの肌を傷付けたり、誤飲を防いだりするためにも外しておくことが推奨されます。

注意していても指輪自体が雑菌の温床になっている場合は良く有り、それが赤ちゃんに接するのは避けた方が賢明です。

 

このように物理的、衛生的にも育児期に指輪を外しておくことを考えるなら、余計に外している間に指輪のサイズが変わっていて、着けられなくなる場合もあります。

 

むくみ以外にも起こり得る状況から判断すると、できれば出産後に落ち着いてからの購入。

それでも今、と思うならアフターケアの充実したショップ選び、そしてサイズ直しなどの対処ができる指輪を選ぶのが、ベストな妊娠中の指輪選びの方法と言えるでしょう。

 

永遠に身に着けたい結婚指輪だからこそ

fufu-ring

そして少し最後に言わせて頂くと、指輪のデザインは時間によって変化します。

 

その時に一番のデザイン、と思った指輪も時が変われば変わるもの。

毎年のように新しいデザインの指輪が発表され、目移りしてしまいますよね。

だけど指輪の購入を遅らせれば、サイズ、デザイン共にその時にジャストフィットした物を購入できます。

 

またサイズ直しを考慮する必要がなければ、エタニティの指輪のようなサイズ直し不可の指輪を諦める必要もありません。

永遠に着けたい結婚指輪だからこそ焦って購入せず、敢えて時期を見て購入することを検討してみて下さいね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ