【神前式の結婚式の結婚指輪の交換】準備するものと正式な手順とは?

 
 

■神前式の結婚式と結婚指輪

結婚式と言うとウェディングドレスをイメージする人が多く、洋風のイメージが強いですが、最近では神前式での結婚式を希望する人も多いようです。

 

確かにウェディングドレスも一生に一回のチャンスなら、白無垢だって一生に一回のチャンス。

 

白無垢の花嫁さんに紋付袴の花婿さん、とても素敵でチャペルでの結婚式とはまた違った魅力がありますね。

 

だけど神前式では、あの「結婚指輪の交換」はどうなるのでしょうか?

 

今回はそんなあまり知られていない、神前式での結婚式と結婚指輪に付いて以下のポイントをご説明したいと思います。

 

  • 神前式での結婚式について
  • 神前式での結婚式では、結婚指輪の交換はどうなる?
  • 和風のリングピローを用意した方が良い?

 

神前式に興味はあるけど、結婚指輪の交換はしたい。

 

だけど良く分からないから諦めた方が良いのかな…

そんな貴女の幸せを、手助けするアドバイスをさせて頂きますね。

スポンサーリンク


神前式での結婚式について

jinzenshiki

まず軽く、神前式での結婚式の流れのご説明を。

 

最初に巫女の先導で、新郎新婦に続いて親族が一列に並び神殿へと向かう参進の儀。

そして挙式の前に、新郎新婦と参列者の体を清めるお祓い、修祓が行われます。

 

次に斎主が神に新郎新婦の結婚を報告する祝詞を読み上げる、祝詞奏上。

奏上の後は、有名な三々九度。

 

新郎新婦がお神酒で、大・中・小、3つの杯に分けてそれぞれ3回ずつ、合計9回飲みますがこれは口を付けるだけでも大丈夫、因みにこれには三献の儀と言う名前があります。

 

巫女が神楽にあわせ舞を舞う、神楽奉納。

 

新郎、または新郎新婦二人で、誓いの言葉を奏上する誓詞奏上。

 

最後に斎主が祝いの挨拶をして、退場となります。

 

どれも厳かな気分になれ、また目の前で巫女さんが待ってくれる神楽奉納に感動する人も多いようですね。

ただ場所によっては親族しか式に出ることができません。

 

しかし、これは場所の広さによるようで、大きな神社や、ホテルで行う神前式では親族以外も入ることができる所もあります。

また多くの場所では仲人さんが必要だったり、神社なので時期によっては寒かったりと言うのもちょっと注意しなければいけないポイントでしょうか。

 

では肝心の、神前式では結婚指輪の交換はどうなるのか?

スポンサーリンク


神前式での結婚式では、結婚指輪の交換はどうなる?リングピローを用意した方が良い?

jinzenshiki5

結論からになりますが、神前式での結婚式でも指輪の交換は行います。

 

ただし、こちらの結婚指輪の交換、神前式であっても、そして実はチャペルでの結婚式であって、宗教上の結婚を成立する儀式ではありません。

 

ですから結婚式の近代化によって、演出の一つとして取り入れられ始めたものです。

だから結婚指輪の交換をしたければできますし、希望しないなら別に披露宴の場で行っても大丈夫。

 

遠慮せずに神前式でも結婚指輪の交換をしたいと言って下さい。

 

余談ですが、結婚指輪の交換は流れ的には、誓詞奏上の後に行われることが多いです。

緊張すると思いますので、流れは良く確認しておくことをオススメします。

 

さて、ここで少し気になるのが指輪はどうやって運ばれるのか?

 

チャペルでの結婚式や人前式だとリングボーイが登場して結婚指輪を運んでくれます。

神前式での結婚指輪は、主に開式前に結婚指輪が神事の棚に据えられているのが多いです。

 

また指輪交換の前に巫女さんが運んでくる場合もあるようです。

 

この時、基本的には指輪ケースでそのまま行います。

 

ですが今では、リングピローを持ち込まれる方も増えてきています。

やはりそうなると花嫁の衣装と場の雰囲気に合わせた和風のリングピローが多いですが、中にはレース使い、ハートなど洋風な物もあります。

ただそこまで目立つ物でもないので、違和感はありません。

 

またリングピロー自体も、絶対なくてはならないアイテムではないので慌てて用意しなくても大丈夫です。

 

ただこのように、最近では和風のリングピローも多く作られています。

 

和風のリングピロー「花かざり」(完成品)直径約17cm【結婚式 白無垢 和装 着物】

価格:3,240円
(2016/11/5 23:18時点)

神前式の場所によっては素敵なリングピローを用意してくれる場合もあり、繊細なレースのリングピローとはまた違った魅力があるので、興味があるならこの機会に調べてみてはどうでしょうか?

 

相手と結ばれる、儀式

ee1bee5d7fc39765d79f363bfb06233d_s

結婚式と言うのは、相手と結ばれる儀式でもあります。

 

しかしその形は時代によって変化して、今では結婚する二人が望む形でその儀式を行うことができるのです。

自分たちの理想を形にして、相手と結ばれて下さいね。

 

所で式での指輪交換、緊張していることもあって上手く指輪が入らなかったりするようです。

 

が、これは前日眠れなかったり、前祝いで飲み過ぎたりしていると指がむくんでいて起こることが多く、結構多数の人がここで混乱してしまいます。

 

ですが焦らず、指輪が入らないようだったら、途中まで入れて後は下の方で自分ではめれば大丈夫。

良くあることと落ち着いて、慌てずに指輪の交換を行って下さいね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ