【指輪の変形の原因と防止方法】修理を依頼する方法と自分で直す方法

 
 

お気に入りの指輪が気付いた時に変形していた……なんて事はありませんか?

それもちょっとお値段の張る、大事な指輪に限って。

 

「どうして指輪が変形するの?安物じゃない、プラチナよ!もしかして……騙されたの?」

 

偶にこんな事を言う人がいますが、それは勘違い。

今回はこの勘違いを解決すると共に、指輪の変形に着いて色々と解説していくとしましょう。

スポンサーリンク


指輪の変形の原因

まず大切な事ですが、純度が高いプラチナやゴールド、シルバーは結構簡単に変形します。

 

純金に至っては指でキュッと摘んだだけで変形します、それほどこれらの金属は柔らかいので、合金、といって別の金属を混ぜて強度をアップしているのです。

と、同時に理由がもう一つ、それは強い「圧力」、力がかかっているからです。

 

  • 指輪をしたまま重い荷物を持つ
  • 電車の吊り革を握り締める
  • 自転車のグリップを強く握る
  • 拍手をする

上記のようなことでも指輪は変形してしまうのです。

 

「気付かない内に変形していた」という人の多くは、このように日常のふとした瞬間に圧力が掛かってしまっていて、指輪が変形してしまっているのです。

 

また指輪と指の間に隙間がある時も、隙間の分だけ力がかかりやすくなって変形しやすいのではないか、と思われます。

 

変形して指輪が取れなくなった、と言う人がいますがそれは「指輪が変形する隙間があった」という事ではないでしょうか?

この事からも指輪は緩い物ではなく、指にぴったりとフィットした物を選ぶ事が重要であると言えます。

 

因みに細すぎる指輪、薄すぎる指輪も変形しやすいので、変形を避けたいならそのような指輪を選ばない事も大切ですね。

 

指輪の変形、防止方法

では指輪を変形させないようにするには、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

それは何らかの作業をする時には「指輪は外しておく」事が、単純なようで一番効果的なことだったりします。

 

変な力がかからないように手先を使う作業の際、スポーツを行う時、そんな時には指輪は外しましょう。

そして先程も言いましたが「指にピッタリの指輪を着ける」事も重要です。

指にフィットしている指輪はそれだけ変形する隙間が減っているという事ですから、指輪選びの段階から気を着けて選びたいですね。

 

しかし、それを徹底したとしても、残念ながら完全に指輪の変形が防げるとは言えません。

特に純度の高いプラチナの指輪、結婚指輪や婚約指輪のような大切な指輪ほど変形をしてしまいやすい…

でも身に着けたい…

 

そんな人の為に変形した指輪を修理してくれる場所は幾つかあります。

スポンサーリンク


変形した指輪の修理法

殆どの場合は指輪を購入したお店に行って相談する方が良いでしょう。

アフターサービス等で修理費用が安くなったり、その店舗の職人を紹介して貰えます。

それ以外ではインターネットでの指輪修理サービスを行っているお店もありますが、こちらは修理の腕の程を良く確認、予算を確認する事が大事です。

 

修理費用は大よそ2000円から。

ただ円形が壊れるほどひしゃげてしまった場合、直した後に刻印を入れ直さなければいけない場合、メッキが剥がれて貼り直しが必要な場合…

状況によって、お値段は変わります。

変形が酷いと1万程行く場合もあるので、ちょっとした凹みと同じと考えないようにして下さい。

 

また、デザインリングは加工が難しく、修理が出来ない、値段が高くなる所が多いようです。

 

因みに「変形した場合は自分でも治せるのか?」と思う人もいるでしょう。

指輪の変形を直す方法ですが、簡単に言うとリングゲージ棒に嵌めて、ゴムのハンマーで慎重に裏表を叩いて伸ばしていきます。

 

リング棒 3号~27号 指輪ケージ棒 サイズゲージ棒 アルミ製 変色を防ぐ リングゲージ 指輪 サイズ 計る 計測 

価格:2,998円
(2016/7/24 22:46時点)

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) ゴムハンマー

価格:581円
(2016/7/24 22:56時点)


だからリングゲージ棒とゴムハンマーがあれば自分でも直せる…という訳でもなく、以下のような注意点があります。

 

  • ・V字やウェーブがかっている指輪は、直せても形状が変わってしまう
  • ・メッキやコーティング加工されている指輪は剥がれる
  • ・石が付いている指輪は傷を付けたり外れる恐れがある
  • ・刻印や彫刻がしてあると歪んでしまう

 

また大きく変形していると、元の形に戻せないという事も…

あくまで上記に当てはまらない指輪で、変形が少しの場合のみ、自分でも直せない事はない……と思って下さい。

 

それでも上手に直せないと別の場所が変形してしまうので、お店でプロに頼んだ方が結果的には安価で済みます。

自分で直そうとしたら悪化して余計に料金が、なんて事もあるので、出来ればちゃんと修理に出しましょうね。

 

指輪が変形した時には

指輪が変形したとしても、諦めないで下さい。

それこそ交通事故にあった時の酷い変形の指輪であっても、復元する事は可能なのです。

変形を直す職人の腕にもよりますので、1件の加工所、修理屋が駄目だったとしても何件か当たってみる事をオススメします。

 

またインターネットでのお店などは過去の修理した指輪を写真で載せている事が多いので、ぜひ参考にしましょう。

変形したとしても、大切な指輪です。

また直して、使い続ける……指輪にも愛情を持って、接して下さいね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ