【プロポーズの撤回】プロポーズ前に確認しておきたい慰謝料の義務

 
 

プロポーズの撤回に慰謝料の義務は発生するのか?

プロポーズと慰謝料……正直、並べたくないワードですね。

 

しかし世の中にはプロポーズを後から撤回、慰謝料を、と揉めているケースも存在するのです。

確かにプロポーズと言えば結婚をする、という誓いのようなもの。

それを保護にされたのでは慰謝料を要求する、という心象は分からないでもありません。

 

しかし、実際には、プロポーズの撤回には慰謝料の義務は発生するのか?

今回は以下の観点に触れていきたいと思います。

 

  • 婚約の成立はどこから?
  • 婚約の義務と破棄の理由
  • 慰謝料として考えられる相場

 

果たしてプロポーズの撤回に慰謝料は発生するのか?

そして婚約と言う言葉はどこから発生するのか。

この事について、考えていきましょう。

スポンサーリンク


婚約の成立はどこから?

まず、実際に婚約の成立はどこから発生するのかについて考えていきましょう。

ここで大事なのは「本当に婚約があったのか」という点を確認する事からです。

 

裁判所の判例によると、結婚の約束である婚約は二人の間で互いに「結婚するという合意」あれば、成立するとされています。

ここで注意したいのは婚約というのは口約束でもよく、結納を交わした、婚約指輪をプレゼントした等の「既成事実」が必ずしも必要という訳ではない事。

ですが、恋人同士なら「ずっと一緒にいよう」、「いつか結婚しようね」という言葉を言う場合は想像出来ますよね。

このケースでは本当に真摯な結婚の合意があったのか疑問が残るという事からか、軽い言葉を交わす事で結婚を約束しただけでは、婚約の事実があったと言う事は出来ません。

 

お互いが真摯に結婚の約束し、それに公然性や客観性といったような要素が加わる事で、確実に婚約が成立したと主張する事が出来るのです。

 

つまり

  • 「結婚指輪を渡す」
  • 「正式にプロポーズする」
  • 「他者に婚約した旨を公言する」
  • 「結婚式場の予約をする」

等の行為があった場合には、婚約が認められます。

 

では、プロポーズしたから婚約の義務は発生する、その場合は慰謝料を払う義務は発生するのでしょうか?

 

婚約の義務と破棄の理由と慰謝料として考えられる相場

では婚約の義務が発生した場合、必ず結婚しなくてはならないのか?

 

ここで大事なのは、婚約した場合は「双方が婚姻を成立させるように努める義務」が発生するのであって「必ず結婚しなくてはならない」となるのではありません。

つまり、正当な理由があれば婚約解消も認められます。

ですから婚約解消だけでは、慰謝料というものは発生しません。

 

しかし、「一方の相手からの不当な婚約の破棄により精神的な損害を受けてしまった」場合には、損害賠償を請求する権利が被害者の方に生まれるのです。

間違えないようにしなければならないのは、この場合も慰謝料を求める事が出来るだけで結婚を強制する事は出来ません。

また、慰謝料が認められるのは婚約の破棄が一方からの「不当な破棄」でなければなりません。

婚約を破棄しても正当な理由が認められる場合、慰謝料の義務は発生しないのです。

 

この場合の正当な理由は「社会一般に常識的に認められているような、婚約を破棄しても非難されることが無いような理由」の事を言います。

 

例えば相手が浮気をしていて一方的に別れを告げた、等のケースですね。

ですがどのようなケースで正当事由があると認められるか、認められないかは法律で定められている訳ではないので、難しい所です。

ですからプロポーズの撤回に慰謝料の義務は必ずしも発生しないが、条件によっては発生する可能性もある……というのが、結論となるでしょう。

 

そしてその際に発生する慰謝料の金額についても、少し触れましょう。

 

一般的な婚約破棄による慰謝料の相場は、まだ実際の結婚生活が始まっていない為に、離婚の場合と比較すると低額になります。

個々の条件である資産や預貯金・収入にもよりますが、数十万円~200万円といった当たりが裁判での相場であるようです。

 

しかし、これはあくまで裁判で過去に争ったケースなので、示談となるとまた話は変わります。

示談となると、数十万円~100万円程度が条件として多く見られているケースです。

 

勿論、状況によってはこの金額は増減します。

考えられる要因としては式場の資金、新居等の新しい住まいの準備、婚約指輪や結婚指輪、そこに精神的な損害賠償を含める事を考えると、この金額から大きく外れる場合もあるので、これはあくまで「被害者の損害賠償」と考えて下さい。

離婚の場合と比較すると低額、とは言いましたが、金額として小さな訳ではありません。

その事はしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク


相手との結婚の約束

相手と結婚するという約束を、婚約と言います。

 

それは軽いものではありません。

人によっては何よりも重い約束です。

 

それを不当に反故にする事なく、そして約束したからと相手への愛情の努力を失う事なく。

真摯な気持ちで向き合っていかなければなりませんね。

それが結婚するという約束、婚約なのですから。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ