【プロポーズと貯金】貯金額の平均と貯金無しでのプロポーズはアリ?

 
 

プロポーズに必要な、現実

今は逆プロポーズという言葉も生まれていますし、プロポーズにはもう決まった形というのも古い考えなのかもしれません。

しかしそんな現代でも、やはり男性からのプロポーズが多いですね。

 

そしてこれからの家庭を二人で築いていくに当たっても、男性の役割として大事な仕事。

それはやっぱり、資金面の問題。

二人で稼いで行くといっても出産や育児を考えると、収入面で男性の仕事は大きなアドバンテージ。

それだけに、プロポーズに踏み切る時には「貯金額」と言うのも大きな材料になっています。

そんな貯金とプロポーズが、今回のポイント。

 

  • プロポーズに貯金は必要なの?
  • プロポーズに踏み切る時の、平均貯金
  • 貯金なしでプロポーズに踏み切っても大丈夫か?

 

現実的ではありますが、以上の点についてご説明したいと思います。

生活していくに大事な経済力とプロポーズの関係性について、触れていきましょう。

スポンサーリンク


プロポーズ時に貯金がなければダメ?

  • プロポーズは、そこで終わりではありません。
  • プロポーズが成功した後には、結婚が控えています。
  • そして結婚が住めば、二人の生活が始まります。

 

このどの状態にも、現実問題、必要とされるのはお金なのです。

 

そこでまず、結婚までに必要とされる費用について考えてみましょう。

 

まず必要と言えるのが婚約指輪の費用、価格帯があるとは言え、その額は20~30万クラスと高額。

自分の背丈にあった物を、状態によっては必要となくなるかもしれませんが、まずこの予算が必要となります。

 

次に必要なのが結婚式までの費用。

結納金、結婚指輪、結婚式の費用……どれもがかなりの予算を必要とするのは言うまでもありません。

そして新居にかかる初期費用、敷金や礼金、前家賃、火災保険加入、引越し費用や新居家財道具を新しく揃える……並べてみるだけでも、かなりの額が必要となるのが現実。

 

このどれもを男性が、そして女性が一人で出さなければいけない訳ではありませんが、それでもかなりの額になってしまうでしょう。

お金なんかなくても幸せ、という言葉は嘘ではありませんが、現実は先立つものが必要です。

 

ましてや女性なら結婚式、ドレス、指輪と憧れがあり、そしてそれは男性も同じでしょう。

女性の願いを叶えて上げたい、愛する人の願いを叶えて上げたいというのも、男性の本心。

その為に、結婚資金を用意してからプロポーズに踏み切る、と言うのはとても現実的なボーダーライン。

 

では、男性が結婚を申し込む、プロポーズするには、どれくらいの貯金があればよいのでしょうか?

スポンサーリンク


プロポーズに踏み切る時は、どの位が平均貯金額か?

そこでプロポーズに踏み切った時の貯金額というアンケートから、平均貯金額を予想してみましょう。

 

この回答では、100万円台27%、次に10万円未満22%、そして500万円以上が18%という結果でした。

結構なバラつきが有り、面白い結果ですね。

 

この事から分かるように、貯蓄の目標額として100万円というのは一つの目安のようです。

 

ですが100万円を貯めると言っても、中々難しいというのも現実。

お金が貯まってからプロポーズに踏み切りたいけど、色々な問題…

例えば彼女に煽られてプロポーズだけでも先に、と踏み切るケースも少なくありません。

 

また年代が若い人はまだ収入が安定していなく、順調に貯金が出来ていないという場合もあります。

何よりもプロポーズはタイミング、彼女との雰囲気、状況の空気から今がプロポーズの時期!という時にプロポーズに踏み切ったので、屠畜が満足になかったという人もいるようです。

 

因みに参考までにプロポーズ後に必要な貯蓄額を計算してみましたが、結婚式や旅行をして、新居に新しく家具を入れて…

と考えると、やはり300万は必要になるのが現実。

 

ただし結婚は男性一人でやるのではありませんから、女性と二人で貯蓄をして行く事が大切です。

 

それに身の丈にあった結婚式や新居を考える事も必要と考えると、50万位が二人の門出を用意するのに必要な金額と言えます。

この事から用意するのは50~100万円、この位がプロポーズに踏み切る目安の貯金額、でしょうか。

 

では貯金がないままプロポーズに踏み切るのは非常識なのか?

 

これは判断に難しい所です。

何故なら中には「プロポーズだけしておいた」というカップルもいるからです。

プロポーズのタイミングを逃さないようにプロポーズに踏み切り、その後、改めて必要な資金を貯め始めるカップルもいます。

これもまた、しっかりと前を見据えて、現実を理解した真摯な姿とも言えます。

 

結論から言うと貯金なしでもプロポーズは出来ます。

 

しかしその後の事を何も考えていないのでは、あまりにも計画性がなさ過ぎます。

そんな相手と結婚してやっていけるのかどうか……まずはそこを考えてみれば、どうすれば良いのか、何をするべきなのかは分かると思いますよ。

 

結婚後こそ、二人の生活は始まっていく

愛さえあれば、その言葉絶対という訳にいかないのが現実。

 

ですが愛があるなら、二人で苦労する事、頑張る事は決して苦だけではないはずです。

何よりも二人の門出を祝う為にも、最初から資金難で始まらない為にも。

 

そして目安となる分かりやすいボーダーラインとして、ある程度の貯金はしておきましょう。

勿論、これは男性だけの貯金ではありません。

女性にも必要な現実ですので、これからの生活の為に覚えておきましょうね。

結婚が最後ではありません、貴方達の生活は、これからなのですから。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ