婚約指輪は女性だけのもの?ペアリングにした場合の男性と女性の指輪の違い

 
 

婚約指輪をペアリングにしたら、変?

最近では婚約指輪、結婚指輪をペアリングとして揃える人もいます。

結論から言うと、全然アリだと思いますね。

 

金額やブランドではなく、結婚指輪も婚約指輪も愛の証。

そこに決まり事はありませんから、自分達が納得いくと言うならそれでいいのです。

 

ただそれでも、色々と悩みは尽きる事のないようで…

今回はこれらについて、ご説明していきましょう。

 

  • ペアリングにした場合の男性と女性の違い
  • 婚約指輪は女性だけのものなのか?
  • ペアリングの婚約指輪、おすすめショップ

 

今更聞けない、聞いたら変?そんなお悩みの数々。

 

それに一つずつ、ゆっくりと解説をしていきますね。

スポンサーリンク


婚約指輪は女性だけのもの?ペアリングにした場合の男性と女性の違い

まず、ペアリングという言葉について説明を少し。

実はペアリングに関しては、一定の定義がありません。

 

恋人同士がお揃いでつけるリングをペアリングと呼んだり、結婚指輪をペアリングと呼んだりする事もあります。

 

また婚約指輪と結婚指輪を組み合わせる意味として使う事もありますし、親子、兄弟、友人同士がお揃いで着ける指輪をペアリングと呼ぶ事もあります。

だから明確に「ペアリング」が何を示すかは、人それぞれなのです。

 

ただ皆さんのお悩みポイントとしては男性が女性と婚約指輪を着ける事、

つまりは

「婚約指輪は女性だけのものなのか?」

にあるのではないでしょうか。

 

これに関しては、一概には言えないと思います。

 

その多くは「思い込み」です。

 

男性がプロポーズ時に贈る婚約指輪、婚約指輪は贈らなければいけない、そんな思い込みをされている人もまだまだ多いようですが、

これはジュエリー会社が出した広告から、つまり実際にはそんな決まり事はありません。

 

だけどその思い込みから「しなければいけない」と他人にまで強要する人が多いのも事実。

 

しかし、婚約指輪は贈るのも貰うのも二人の問題、二人が話し合って要らないと言うならそれって愛の形です。

 

婚約指輪に対して「半返し」という贈り物を女性がするマナーもありますし、婚約指輪をペアで身に付けても、ちっともおかしくありませんよ。

 

ただ「全く同じペアリングにした場合の男性と女性の違い」にはご用心。

 

お互いが納得しているなら良いのですが、婚約指輪は華やかで華美なデザインが多いです。

場合によってはフェミニンなデザインになります。

 

その為、男性がしていると少し全体の印象的に浮く場合も…

言ってみれば、デザインが男性向けで無い事も多くあります。

 

指のまろやかで細い女性、筋肉が張っていてゴツゴツ節々している男性の手。

 

似合う指輪が違うのは分かりますよね?

 

それを「ペアリングでなければ!」と強要するのは、考えもの。

 

その場合はテイストを同じにするとか、素材を同じにするとか、ブランドを一緒のものにするとか。

そもそもこれから婚約指輪を購入するなら、ユニセックスなデザインを選ぶ等。

 

そんな風に男女の違い、一個人の違いは考えて選びましょう。

スポンサーリンク


婚約指輪にするペアリング、おすすめショップ

pair-ring

ただここでちょっとした障害になるのが、婚約指輪のペア売りをしているお店があるのかどうか、という事。

現在では「ペアの婚約指輪」はまだ普及しているとは言いづらく、取り扱いもないと言えます。

 

だからここではあくまでペアリング、そして婚約指輪としても遜色のないランクの物をご紹介させて頂きますね。

 

ヴァンドーム青山

vandome

「大人のため」に向けた日本のジュエリーブランド、ヴァンドーム青山。

毎日着けていられるシンプルで上品なペアリングが揃っているのが特徴です。

 

シンプルなデザインですが上品さもあり、また男性も付けやすいのが特徴。

デザインは結婚指輪ですが、プラチナとピンクゴールドになっておりミルグレインも施され華やか、またここに新たにプラチナリングを結婚指輪として婚約指輪として重ね付けしてもおかしくはありません。

 

ティファニー

tiffany

https://www.tiffany.co.jp/

海外ブランドティファニーでオススメしたいのが、こちらのミルグレインペアリング。

全く同じデザインで、かなりのお揃い感を演出。

上品でシンプル、派手過ぎないけど分かる人には分かる高級感は婚約指輪にもぴったりかど思われます。

 

カルティエ

carthie

https://www.cartier.jp/

最後に紹介するのはカルティエ、トリニティリングです。

3つの色が神秘的に絡み合うデザインが特徴的で、個性的なデザイン。

人気のあるデザインでもあり、カルティエを代表するデザインです。

 

婚約指輪は、女性だけのものではない時代

man-ringg

因みにアメリカでは既に男性の婚約指輪は人気で、海外では当たり前の所もあります。

だから日本でも考えを改めなければ、という訳ではなく、相手の意見を無碍にしない、取り入れるという柔軟性を身に着けて欲しいのです。

 

男女で婚約指輪を身に着ける、素敵じゃないですか。

男性は女性に、女性は男性に。

婚約した記念品を贈るのだと考えれば、それは決して非難される事ではないと私は思いますよ。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ