【彼氏にペアリングをしてもらう】男性が指輪をしたくなるポイント

 
 

彼氏に付けて欲しい、彼女が欲しがるペアリングの存在

愛する人との、絆の証。

恋人同士になったんだから、ぜひ付けたいアクセサリー。

それはペアリング。

 

しかし、そんなアクセサリーも、時として悩みの種の一つになるようですね。

 

一番よくあるお悩みが、彼女からの「彼氏にペアリングを付けて欲しいけれど」という悩みではないでしょうか。

今回はそんな、彼女が彼氏に付けて欲しいペアリング、について考えていきましょう。

 

  • どうして付けて欲しいのか?を考える
  • 彼氏にとってペアリングの存在
  • 彼氏に付けて欲しいなら、アプローチを考える

 

ペアリングが欲しいけれど、嫌がられたらどうしよう。

ペアリングを付けて欲しいけれど、どうも乗り気じゃないみたい。

 

ペアリングを付けてみたいけれど、出来たら彼氏から贈って欲しい……そんな彼氏とペアリングについて、一緒に考えてみましょうか。

スポンサーリンク


どうして付けて欲しいの?貴女の気持ちと彼氏にとってペアリングの存在を考える

 

時に貴女は、どうしてペアリングが欲しいのでしょうか?

どうして彼氏に付けて欲しいのでしょうか?

贈ったけど身に着けてくれていない、恋人同士になったんだから付けてみたい、そもそも欲しいけれど重いと思われたくないから相手から言って欲しい、理由はいくつも考えられますね。

 

この理由を、まずははっきりとしましょう。

 

何となく、では彼氏の説得、ペアリングへのアプローチは難しいからです。

そして同時に彼氏から見て、ペアリングとはどんな存在なのか、も男性目線で考えてみましょう。

 

ペアリングは、お揃いの指輪です。

そして指輪とは、やはりアクセサリー。

男性の多くは普段から指輪をする、アクセサリーを身に着けるという週間がありません。

 

だからどうしても、気恥ずかしさがあります。

 

ペアが嫌なのではありません、指輪というアクセサリーに対する恥ずかしさです。

これは男性特有の心理とも言えるでしょう。

 

自分の付けて欲しい理由を明確にした上で、彼氏が感じている気恥ずかしさを考えてみる。

繋がっている物が欲しいなら、指輪ではなくペアのマグカップでも、携帯のストラップでも、腕時計でも構わないはずです。

その方が彼氏も身に付けやすいはず、だけど貴女はどうしてペアリングにこだわりを感じているのか、考えてみて下さい。

 

その上でまだペアリングが欲しいなら、次のステップです。

 

彼氏に付けて欲しいなら、アプローチを考える

それでもどうしてもペアリングがいい!その気持ちは、おかしくはありませんよ。

だけど大事なのは、アプローチの仕方です。

 

例えば「恋人同士なんだからペアリングは当たり前でしょ」なんてアプローチでは、男性には通用しません。

「もらって当たり前」とか「もらわないとイヤ!」というアプローチは、逆に相手のペアリングへの嫌悪感、ひいては貴女への嫌悪感を募らせてしまいます。

「彼女なんだから彼氏を毎回手料理でもてなすのが当たり前じゃない?」なんて言われたら、そんなの身勝手だ!と思うでしょう?

 

それと同じで、価値観を押し付けるのは止めましょう。

 

同時に「遠回しなペアリング要求」も、オススメしないアプローチです。

男性は其の辺が鈍いですから、中々気付いてくれないと貴女の方がイライラして不満が溜まり、喧嘩になってしまう可能性もありますよね。

 

そこで一番のオススメアプローチは「二人でペアリング着けてみたいな」言ってみる事です。

直接で構いません、勘違いしている女性が多いですが、男性からすればペアリングをねだる事よりも、ペアリングを無理矢理に強要される事が「重い事」なのです。

もしアクセサリーが恥ずかしい、と言われるようなら「着けてるのは私だけでもいいから、二人でのお揃いのお守りが欲しいな」という感じにアプローチしてみてはどうでしょうか。

 

また、資金的な面で渋るようなら「お互いに贈り合おう」とか「雑貨屋さんで安いのでいいの、お揃いのって憧れてるんだ」と言ってみましょう。

そういう風に彼氏がペアリングに対してどう思っているのか、何が渋るポイントなのか、それを二人で話し合ってみて下さい。

 

アプローチの大事な点は、言葉に出す事。

思っているだけでは伝わりません、その為に言葉があるのです。

そして貴女だけの夢や理想像だけで話をしないように、彼氏と作り上げていきましょう。

そうする事で意外とペアリングというものは、身近な物になりますよ。

男性だって本当は、彼女とのお揃いの物に対する憧れを持っているのですから。

スポンサーリンク


彼氏に付けて欲しい、ペアリング

お揃いのアクセサリーに憧れる気持ちは分かりますが、相手の事も思いやる事は大事です。

 

社会人になったら職場でアクセサリーを付けるのは難しいという事もあるでしょう。

それを配慮せずに「いつでも付けていて!持ち歩いて仕事が終わったらまた付ければいいでしょう!」なんて言っては、いけません。

それでは二人の絆ではなく、一方的な自己満足になってしまいます。

 

彼氏に付けて欲しい、ペアリング。

自発的に付けて欲しいならまず「それ」で相手を追い込まないように、貴女自身も冷静になって下さいね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ