【さびないペアリング】ステンレスは安っぽいって勘違いしてません?

 
 

「さびない」ペアリングを探して

出来ればペアリングは外したくない、そういう人はいませんか?

 

だけどペアリングと言えど毎日着けていると、汚れたり、錆びたり、変形したりとしてしまうのは仕方のない事。

特にシルバー素材の指輪等は、小まめにお手入れしないとすぐに錆び付いてしまいます。

大切なペアリング、錆びて真っ黒なのはちょっと嫌ですよね。

 

そんな人にオススメ、もしくは毎日のお手入れが面倒、なんて人に紹介したいのが「ステンレスのペアリング」。

これは錆びないペアリングとして、今色々な人が注目しているのです。

だけどやっぱりステンレスと言うだけで、何かしら不満に思う人もいるようですね。

 

  • ステンレスの指輪は恥ずかしい?
  • ステンレスのペアリングのメリット
  • ステンレスのペアリングは普及しているのか?

 

今回は上記の点を説明する事で、その不満、不安を解消したいと思います。

スポンサーリンク


ステンレスの指輪は恥ずかしい?

batsu

ただステンレスのペアリングと言うと、どうも恥ずかしいと感じる人もいるようです。

ステンレスのペアリングで一番良くある悩みは「ステンレスは安い」という事のようですね。

確かにステンレスはシルバーよりも少し値段が低い事が多く設定されている事が多く、同じく指輪の素材に使われるプラチナやゴールドに比べると、金属としての価値はないでしょう。

 

しかし、ペアリングと言うのはそういう為に買うものでしょうか?

 

ペアリングはアクセサリーであり、多くの場合は恋人同士の形になった繋がりだと思います。

それと同時にファッションとしての指輪ですから、宝石やデザインの好みはあるでしょう。

 

大事なのは二人の気持ちであり、指輪としての価値云々は、そこに必要のないものです。

絆はお金では計れません、だから金属の価値云々を言うのはとても恥ずかしい事です。

 

また金属価値と言っても、ペアリングを売る事を考えて購入する訳ではないでしょう?

相手との繋がりを意識して買うのですから、話の土台が違います。

そのポイントを間違えてはいけません。

 

それにステンレスのペアリングは、今、色々な人が注目しています。

ステンレスは確かにペアリングの素材としてあまり認識されていませんでしたが、実は多くのメリットがあるのです。

 

そのメリットの中にはペアリング素材として適しているものもあり、ステンレスのペアリングは色々な場所で見るようになってきました。

そんな普及してきたステンレスのペアリングと、そのメリットを紹介します。

 

ステンレスのペアリングは普及しているのか?ステンレスのペアリングのメリット

maru

ただ結論だけ抜粋すると「ステンレス」のペアリングは普及していません。

 

ステンレスアクセサリーに使用されている指輪の材質は「サージカルステンレス」と表記して販売されている事が多く、このサージカルステンレスと言う分類はステンレスにはないからです。

 

このサージカルステンレスと言うのは医療用に使われるステンレスの事で、変形しにくい安定しやすい素材は医療現場で良く使用されます。

この事からステンレスの指輪を探してもない時は、サージカルステンレスで探してみるのも良いでしょう。

 

さてこのサージカルステンレスですが、シルバーに似た輝きを持っていますがシルバーよりも、そしてゴールドよりも硬く、錆び付く事も変色する事もありません。

 

しかし、一番のメリットは、金属アレルギーを引き起こしにくい金属である事です。

 

良く金属アレルギーを起こしにくいと注目されているのはチタンですが、サージカルステンレスも同様に金属アレルギーを引き起こしにくい素材です

その事から、アクセサリーの素材としてこのサージカルステンレス、ステンレスの素材が注目されてきました。

 

金属アレルギーは貴金属を身に着けている事によっても発生する場合があるので、毎日身に着けるならやはり素材にも気を配りたい所。

何より変色、変形、錆、そういった点に考慮しなくても良いステンレスの指輪は、日常使いにとても適しているのです。

 

その為、一部のブランドでは既にステンレスの魅力を説明しながら、ペアリング素材として紹介されています。

 

ステンレスの指輪特集をしているFISSの公式サイト

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 

確かに一部には「ステンレスは安い素材」なんて言う人がいますが、ペアリングの価値は値段ではありません。

先行投資ではないのですから、素材の値段云々にこだわっても仕方のない事。

 

まず大事なのは二人が気に入る指輪かどうか、そこを考えていきましょう。

スポンサーリンク


考えるべきは、二人の気持ち

pair-ring3

ただやはり大事なのは、二人の気持ちです。

ペアリングはやっぱり二人で着けるアクセサリーなので、どちらか一方だけが気に入った物を身に着けていたら、やっぱり不満が残ります。

そこは良く考え、話し合って購入しましょう。

 

そしてその上でお互いに納得したのであれば、それが利便性であれ、デザインであれ、値段でってもステンレスのペアリングで良いじゃないですか?

まず大事なのは二人の心、それはしっかりと確認し合って下さいね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ