【ペアリングをしたくない】彼氏、彼女のお願いを断りたい時の解決法

 
 

ペアリングをしたくない、断りたい人へ

恋人同士のアイテムと言えば、ペア物。

特に指輪という特別なアクセサリーであるペアリングは、恋人同士の象徴のようなアイテムです。

 

恋人が出来たら二人でお揃いのリングを……と憧れているのは、男性も女性も同じなのではないでしょうか。

 

ですがそんな中でも、実は一定数存在する「ペアリングが欲しくない、したくない」という悩みを抱えている人。

これは男性だけではありません、女性の中にもまた、ペアリングがしたくなくて、断りたくて悩んでいる人がいるのです。

今回はそんな人達の悩みに、焦点を当てていきたいと思います。

 

  • ペアリングをしたくないという人は、結構いる
  • ペアリングをどうやって断るべきか?
  • ペアリングを断る時のポイント

 

ペアリングをしたくない、断りたいと思っているけど言い出せない人へ。

どんな風に断ればいいのか、その悩みと共に考えていきましょう。

スポンサーリンク


ペアリングをしたくないと言うのは、少数派か?

ペアリングを断りたいという貴方が悩んでいる理由は、多分「断る事で相手を傷つけてしまうのではないか」という不安にあると思います。

 

同時に「ペアリングが欲しくないというのは、おかしいんじゃないか?」という不安を抱えているのではないでしょうか?

特に後者はペアリングが欲しくないという女性に多い悩みですが、恋人同士なら喜んでペアリングを着けるというのは、実は間違い。

 

ペアリングに憧れているから着けて欲しいという人もいれば、ペアリングを断りたいけどどうしたらいいの、と悩んでいる人も同じくらいいるのです。

決して貴方一人がおかしい訳ではなく、個人の嗜好ですから安心して下さい。

 

そして多分、断りたいと思うには理由もあるのでしょう。

 

少し推察させて頂くなら、

  • 指輪自体を着けない、もしくら着けられない職場なので不必要だと思う。
  • 指輪には思い入れがあるから、ペアリングは欲しくない。
  • どうせなら別のアクセサリーの方が好きだから

これは、一例です。

 

貴方がどうしてペアリングを断りたいのかがこの中になくても、大丈夫ですよ。

大事なのはこの理由をはっきりさせる事が、ペアリングを断る時のポイントになるのです。

 

ペアリングはどうやって断ればいい?断る時のポイント

ペアリングをどうやって断ればいいのか、そう悩んでいるのは相手を傷つけたくないからこそです。

 

断ると相手を不安に、不快にさせてしまうのではないかとお思いでしょう。

 

確かにペアリングが欲しいと言って「別に要らない」なんて言われたらショックですよね。

相手をそんな気持ちにさせたくないと言うのも分かります。

 

ですが、だからといって曖昧に濁していてはいけません。

 

ペアリングが欲しいと言って「いつか」「まだ早い」でかわし続けていたら、相手はもっと不安になります。

それよりもしっかりとした理由を告げて、話し合って見る方が問題がこじれずに済むのです。

 

だからこそ、まずするべきなのは、貴方がどうしてペアリングが欲しくないかはっきりさせる事。

それこそ「指輪が嫌い」でも立派な理由です。

 

ただそれを伝えるだけでは、言葉足らずになってしまいますね。

人は自分の欲求を拒否されると自分自身も否定された気持ちになってしまいますから、相手からすれば貴方から拒否されたのはペアリングではなく、自分の事だと感じてしまうのです。

こうならないように何がポイントなのか?

 

それは「相手を肯定しながら伝える事」。

 

まずは「私にとって大切な人」である事を強調しながら、貴方が嫌な訳ではない事を伝える。

同時に「指輪は着けないから不慣れで違和感があって、逆に貴方を感じられない」や「いつか結婚式の時にペアの指輪を嵌めたいという憧れがある」等、理由を伝えましょう。

 

更に少しポイントですが、ここで敢えて現実問題風ではなく、出来ればロマンチックに言うと効果的。

現実的に「嵌めない物にお金かけるのは勿体無い」ではなくて「もっと身近で、今の二人に今必要な物を買いたい」と二人の将来の話にすり替えるのも良いでしょう。

その方が相手にも貴方の愛情が伝わって、愛されている実感を得る事が出来ます。

 

ペアリングが欲しいという人は、目に見える形での愛情を感じたがるタイプの人に見られる傾向です。

ですから、その愛情を感じられるように伝える事で、相手を不安から解き放つ事が出来るんですね。

断りにくいと逃げるのではなく、愛情を伝えながら話し合う事を、まずはやってみて下さい。

スポンサーリンク


形になった愛情

ペアリングと言うのは、愛情が目に見えるように、繋がりを形として感じる事が出来る「形」です。

 

しかし、愛情の形がそれぞれで違うように、その繋がりもまた、色々な形をしているものだと思います。

 

ただ分かりやすい愛情の形として、確認出来る形でのペアリングを求めてしまう気持ちも理解して上げましょう。

だからペアリングが駄目なら、別の方法で愛情を確認出来るようにして上げましょう。

 

ペアリングが苦手でも、大丈夫。

 

だけどその理由をしっかり伝えずに曖昧な態度を取っていると、相手は不安になります。

しっかりと説明をした上で、相手への愛情も伝えましょうね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ