【指輪をネックレスにする】結婚指輪やペアリングに最適なチェーンの選び方

 
 

指輪をチェーンに通して首から下げる

指輪を首から下げる

結婚指輪、婚約指輪、ペアリング……

指輪の中には、ずっと肌身離さず付けておきたい物が数多くありますよね。

 

ただ仕事の都合等もあって、指輪をずっと付けておく事が出来ないという人もいるかと思います。

 

そんな時でも肌身離さず持っていたい……そういう人にオススメしたいのが、指輪をチェーンに通してネックレスして使用する方法。

これなら指輪をずっと身に着ける事が可能です。

 

だけど、この方法は

  • 指輪に傷は付かないのか?
  • どんなチェーンがいいのか?
  • チェーンが切れてしまったりしないのか?

色々気になる事も多いと思いますので、今回は指輪をネックレスにして身に着ける際の注意点等、様々な疑問にお答えしたいと思います。

 

スポンサーリンク


指輪にチェーンを通しても傷はつかないのか?

指輪にネックレスを通す

指輪にチェーンを通してネックレスとして使用した場合、色々気になる事として一番多いのは、

やはり「指輪に傷は付くのかどうか」ではないでしょうか。

 

結果から言うと、指輪を身に着ける以上小さな傷が出来てしまう事は防げません。

しかし指輪だけが傷付く……というのは、少し語弊があります。

何故なら状況によっては、指輪ではなくネックレスの方に傷が付くからです。

 

金属は純度が高いほど柔らかく、傷つきやすくなります。

例えば、

Pt850は85%がプラチナで残りは強度を出すため他の金属が混じっていて、

Pt900は90%がプラチナで残りが他の金属がとなります。

 

この場合のPt850とPt900ではPt850の方が硬いのですね。

 

ですからネックレス、チェーンに指輪を通す場合、出来るだけ指輪に傷を付けたくないというのなら、まず指輪とチェーンの材質を確認しましょう。

指輪の純度が高ければ高いほど、対してチェーンの純度との差が大きいほど二つの材質の硬さの比較から、指輪の方が傷つきやすいという事になってしまうのです。

 

と言っても

 

  • 指輪の傷は内側に小さいものが出来る程度である事
  • 日常生活で指輪を付けていてもどうしても傷が生まれてしまう事
  • 多少の傷であれば手入れが出来る事

 

これらを考えれば、見えにくい位置である指輪の内側の傷であれば多少は大丈夫であると思われます。

 

ですが、出来るだけ傷は付けたくない……それを踏まえて、オススメのチェーン、そして取り扱いの注意点をご紹介します。

スポンサーリンク


指輪をネックレスにするのにおすすめのチェーンと選び方

ネックレス用のチェーン

チェーンで傷つきにくい物を選ぶとなると、チェーンの形が重要になります。

 

オススメは「小豆型」

↓  ↓  ↓

ファイテン チタンチェーンネックレス (小豆)

価格:7,560円
(2018/12/23 00:41時点)
感想(25件)


もしくは「ボールチェーン型」

↓  ↓  ↓

ポイント20倍/【あす楽】プラチナ 1.0 カットボール チェーン ネックレス

価格:19,100円
(2018/12/23 00:49時点)
感想(56件)


どちらも形状が丸いので指輪と接触した面が削れる事による傷をだいぶ防ぐ事が出来ます。

 

ただ少し注意点を上げさせて頂きますと、ネックレスとして付けて眠った場合。

夜寝ている間に指輪が動いてしまって、良く首の後ろの方まで回っている事もあります。

 

これは眠っている内に指輪が動いてしまっているのですが、これが体で圧迫されたり動かされたりと傷の原因にもなります。

ですから出来れば眠る時は外した方が良いでしょう。

また指輪自体をネックレスに通す、チェーンに通すとどうしても指輪が縦向きになり、気になってしまう人もいるかと思います。

 

そういった事態を防ぐ為に、少しお値段が張りますがリング用ペンダント、リング用ネックレスという物があります。

これはネックレスに予めリングを挟むトップが付いていて、それにリングを挟んでチェーンを通すだけでネックレスとして扱えるものです。

↓  ↓  ↓

ハワイアンジュエリー リングホルダー ネックレス メンズ レディース ハワイアン 指輪 リングをネックレスにする リング用ペンダント |

価格:3,800円
(2018/12/23 01:10時点)
感想(88件)


これを使用するとリングの向きが固定されるので見栄えが良くなります。

指輪の向き、指輪の位置を固定したいと思う人は此方をお試し下さい。

 

結婚指輪やペアリングなどの大切な指輪をいつも身に付けていたい


衛生上、職業上の観点からどうしても指輪を身に付けられない人はいます。

そんな人でも指輪を身に纏えるようにしたのが、指輪をチェーンに通す事。

 

ただチェーンも指輪と同じく金属である事を忘れてはいけません。

 

指輪と接触して指輪に傷が付く事だけでなく、チェーンにも傷が出来たり、お手入れをしなければ劣化してしまう事をお忘れないように。

折角のチェーンが劣化して切れてしまえば、同時に指輪を紛失しかねません。

またチェーンにサビが浮くとそこが見えないデコボコになり、指輪との接触面が上がって傷が……そんな事にならない為にも、指輪だけでなくチェーンにも気を配って下さいね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ