【金属アレルギーの原因と対策】調べてもらう方法と自分で調べる方法

 
 

近年、医学が発達した現代で増えてきている病気があります。

それは「金属アレルギー」。

日本人の12人に1人がこの金属アレルギー、もしくは予備軍として推測されている病気です。

 

この金属アレルギーを発症すると、特定の金属に触れていた部分が赤く腫れたり、かゆみが出たりと辛い症状が出てきてしまいます。

この症状が発症すると指輪や、ネックレスなどの貴金属が着けられず、症状以外の問題で頭を悩ますことにもなりますが、今回はこの金属アレルギーに付いて、特に金属アレルギーを調べて貰う方法、自分で調べる方法に注目しつつ、以下の観点でまとめてみました。

 

  • 金属アレルギーの原因と症状
  • 金属アレルギーを調べて貰う方法、病院で検査はどうやる?
  • 自分で金属アレルギーを調べる方法はあるのか?

 

アクセサリーだけでなく、大切な結婚指輪や婚約指輪も着けられなくなってしまう金属アレルギー。

自分がそんな金属アレルギーかどうか調べるには、どうしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク


金属アレルギーの原因と症状

metal5

まず金属アレルギーの原因ですが、指輪などを始めとした金属製の物を肌に直接触れさせて身に着けると、汗で金属が溶け、イオン化して体内に入り込みます。

このイオン化した金属は体のタンパク質とくっつき「アレルゲン」と言うタンパク質に変化。

このアレルゲンは体内で作られるとそのアレルゲンに対抗する抗体が作られ、アレルゲンを攻撃します。

 

この過剰な防衛反応が自分の体にも現れ、アレルギー症状となります。

 

因みに金属アレルギーの原因はアクセサリーや時計だけでなく、ベルトのバックルや金属製のボタン、化粧道具のピンセットや虫歯の治療の歯からも金属アレルギーになる可能性があるので、注意が必要です。

 

さて、その金属アレルギーの症状ですが「部分型」と「全新型」があります。

 

部分型金属アレルギーは金属が触れた部分に症状を起こすタイプで、アクセサリー、時計をしていた部分に湿疹ができたり、炎症ができたり、またかゆみを帯びます。

酷い場合は痛みや膿のような症状も見られるので、異変を感じるようならすぐアクセサリーは体から外しましょう。

 

対して全身型金属アレルギーは、金属に触れている部分だけでなく全身に金属アレルギーの症状が出ることを言います。

これは体内に入り込んだ金属イオンが血液によって全身に運ばれてしまい起こる症状で、汗の出やすい部分の背中や手のひらで反応が出やすいようです。

このケースでは金属を着けていない場所で反応が出るので、金属アレルギーと気付きにくい事に注意しなければいけません。

そのため、対処が遅れて金属アレルギーの症状が重症化する傾向にあるので、アレルギー反応的な症状が見られた時はすぐ調べることが大事です。

 

しかし自分が金属アレルギーかどうかは、どう調べたら良いのでしょうか?

 

次にまず、金属アレルギーかどうかを調べて貰う方法をお教えします。

 

金属アレルギーを調べて貰う方法、病院で検査はどうやる?

allergy

金属アレルギーの検査方法には、パッチテスト、血液検査やリンパ球幼若化試験、そしてどの金属が金属アレルギーの原因かを確かめる金属成分分析検査があります。

まずはこれらを簡単に説明しましょう。

 

パッチテスト

パッチテストは金属アレルギーかどうか疑われる時、一番行われる検査方法です。

数種類の薬品の付いたテープを背中に貼り付け、皮膚の反応を見てどの金属にアレルギーがあるかを判定します。

 

血液検査

血液検査ではIgEという血液の成分を検査します。

 

花粉症やアトピー性皮膚炎などの人はこの数値が高く出るのですが、実は金属アレルギーの人はいつも高い数値が出るとは限りません。

 

ですから大体まずバッチテストを行って、どの金属に対して金属アレルギーがあるのかを確認してから血液検査が行われます。

因みに血液検査の一種でリンパ球幼若化試験と言う、血液の中からリンパ球を取り出して金属アレルギー反応を見るテストもあります。

 

金属成分分析検査

mendan6

これは主に、歯科勤続による金属アレルギーに対する検査方法です。

パッチテストで金属アレルギーの症状が出ている事が分かった時、どの歯科金属が金属アレルギーを引き起こしているのかを確かめるために行います。

これは歯科金属、歯の治療に使われている金属を外すことなく検査ができ、歯に使われている金属を少し削って、それを「蛍光エックス線分析装置」と呼ばれる装置を使用して、パッチテストで陽性反応が出た金属と一致するか調べるのです・

 

ここで金属アレルギーの代表的な検査方法であるパッチテストを、もう少し詳しく解説していきましょう。

 

パッチテストは初回にパッチを貼り、一週間の間に三回の判定を行います。

つまり合計四回通院する必要が有り、また検査費用は保険適応で、大体1500円程度。

これに初診料、再診料がかかります。

 

また検査する金属は主にアレルギーを起こしやすいニッケル、パラジウム、水銀ほか、アルミニウムや金など20種類を検査することができます。

 

因みに検査には予約が必要で、一回目の判定までの二日間は入浴ができないので夏場は検査を行っていません。

 

かいたり叩いたりしてもダメで、剥がれそうな時は絆創膏などで応急処置をする必要があります。

それとパッチを貼っている間はブラジャーが着けられないので、女性の方はご注意を。

スポンサーリンク


自分で金属アレルギーを調べる方法はあるのか?

ring6

ただ病院での検査は、どうしても時間と費用がかかり、結構手間ですよね。

そこで自分で金属アレルギーかどうかを調べる方法ですが、簡易的で原始的でありながら、有効な方法があります。

 

まずゴールド、シルバー、プラチナなどの指輪を1つずつ、一週間ずつはめてみて様子を見て痒くなるかならないかをメモしておくのです。

何とも素人的な判断方法に見えますが、これは有効な方法です。

 

もちろんこれまでに何らかの金属で酷いアレルギー反応が出ているのなら早急に病院に行かなければいけませんが、そういったことがない、だけど「ずっと身に着ける結婚指輪や婚約指輪でアレルギーがあったら」と不安になっている程度ならば、貴女自身の指でアレルギー反応が出るかどうかを確かめるのが一番有効なのです。

 

パッチテストは背中や二の腕で行い、検査に用いる金属は決して大量ではなく、検査機関も限定的なものです

だから毎日着ける指輪の条件とは、絶対に同じとは言えないのです。

 

特に今までアレルギー反応が出ていない場合はこちらで、異変を感じた場合は病院ではっきりと検査を、と分けて対処することをオススメします。

 

アレルギーが発症してしまったら

shinsatsuken

アレルギーは怖いものですし、放っておけば悪化する危険もあるので、何らかのかゆみがあったり異変を感じたりする場合はすぐに病院に行きましょう。

その場合は皮膚科やアレルギー科などでの相談をオススメします。

 

またアレルギーは一度発症してしまうと完治は難しいのですが、発症することにも個人差があるので一概にこれ、と限定はできません。

 

だからこそアレルギーに対する知識は深めておいて、万が一の時に適切な対処をして下さいね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ