【結婚したらどうする?】結婚前に付けていたペアリングの使い道

 
 

結婚後に結婚前のペアリングは、どうすればいい?

もしかしたら色々な趣味や嗜好からペアリングを買わないカップルもいるかもしれませんが、恋人達が一番初めに買う指輪は、やはりペアリングでしょうか。

そして次にお揃いで買うのはやっぱり、結婚指輪……出来る事なら結婚指輪は特別な事情がない限り外したくない!と思う女性も多いと思います。

それほど「お揃いの指輪」と言うのは女性にとって大切な物なのです。

 

しかし、結婚指輪にランクアップしたとして、ペアリングはどうするのか?

捨てるなんてもったいない、結婚前の思い出の指輪……そんな結婚前からの大事なペアリング、結婚後には皆さんはどうしましたか?もしくは、どうしますか?

今回はそんな「結婚前のペアリングを結婚後にどうするのか」について考えてみましょう。

 

  • ペアリングを結婚指輪にするのは、おかしいの?
  • 結婚前に着けていたペアリングの使い道【重ね付け】
  • 結婚前に着けていたペアリングの使い道【別の使い道】

 

大切な指輪だから手放せない、だけどしまいっぱなしはもったいない。

そんな結婚前に付けていたペアリングの使い道を、お教えしますね。

スポンサーリンク


ペアリングを結婚指輪にするのは、おかしいの?

と、結婚後のペアリングについてたまに『ペアリングを結婚指輪にしたいのだけど』と質問される方がいます。

ペアリングを結婚指輪に使用したいけれど、おかしいのか、何か不具合はあるのか、という事ですね。

結論から言うと、旦那様も奥様もペアリングを結婚指輪にする事を望んでいるなら問題はありません。

思い入れのある指輪、お気に入りの指輪を結婚指輪にする事は寧ろ、とても良い事であると言えるでしょう。

 

ただ数点、注意したいポイントもあります。

それは、ペアリングはファッションリングであり、結婚指輪はあくまで「日常使い」が求められるという事。

例えばデザインで言うと、毎日は着ける結婚指輪が華やかで立体的なデザインだと引っ掛けたり、引っ掻いたりしてしまう可能性が高くなります。

またぶつけやすくなってしまい、それが原因で破損する事も……滅多に外さないというなら、ややシンプル目なデザインの物の方が良いでしょう。

 

また素材関連だと、結婚指輪に良く使用されるのはプラチナ、対してペアリングだと値段にもよりますがシルバー系が多いですね。

これは結婚指輪が破損、もしくは変色しないように強度の高い金属が選ばれているからです。

もちろん純プラチナ、純金に近い物はそれだけ柔らかく強度も落ちると言わざるを得ませんが、それでもやはり結婚指輪の方が強度に関しては意識されて作られています。

 

そう言った強度、日常的に使用しやすいデザイン面ではペアリングよりも結婚指輪にメリットがあります。

だからペアリングを結婚指輪にしても構いませんが、これらの点に気を付けて使用する事が求められるという事ですね。

 

結婚前に着けていたペアリングの使い道

では結婚指輪をペアリングに使用するのとは別に、実際に結婚後にペアリングをどう使うか、いくつか方法を考えてみました。

 

結婚前に着けていたペアリングの使い道【重ね付け】

まず方法として考えられるのが、重ね付けです

これは結婚指輪、婚約指輪を重ねづけするように、ペアリングも併用してしまう方法です。

指輪の重ね付けは指先をより印象的に華やかに彩る効果があり、もし結婚指輪もペアリングも細身のデザインならぜひともやって頂きたいテクニックです。

特に同じブランドの指輪の場合は、テイストが似ているので合わせやすいというポイントもあり、付け方も並べて同じ指に、小指と薬指と揃えて……そんな風に、色々と楽しめるのもこの方法の楽しみ方です。

 

ただ両方とも太めの指輪だと合わせにくかったり、あまりにテイストが違い過ぎて……と思う人は、以下の別の手段を試してみて下さい。

スポンサーリンク


結婚前に着けていたペアリングの使い道【別の使い道】

 

【ペンダントトップに】

チェーンを通してペンダントトップにしてしまう、指輪ではなくネックレスとして楽しむ方法です。

ただチェーンに通すだけの方法だと指輪とチェーンが擦れて傷ついたり、もしもの時には切れてしまって紛失するケースもあるので、出来ればリング用のネックレス等、予め指輪を挟むトップが付いている物をチョイスしましょう。

この方が指輪が動き回らず固定出来て、ネックレスとしての見栄えもぐっと良くなります。

 

【キーホルダーに】

そしてもう一つが、キーホルダーにしてしまう方法。

と言ってもペアリングをキーリングにすると大きさや強度が心配ですので、キーホルダーに一緒に付けてみてはどうでしょうか?

シンプルなキーホルダーのアクセントとなって、何より男性でも持ち歩きやすいのでオススメです。

指輪としての使い道ではありませんが、また二人でお揃いの物を持つ……そういった意味を込めて、また二人で選んだペアリングを無駄にしない為にも、大切なキーと一緒にお守りにしてみる方法も、オススメします。

 

あの日選んだ思い出

婚約指輪があっても、結婚指輪があっても。

それはあの日二人で選んだペアリングが、不必要になった訳ではありません。

最初に買った指輪だからこそ、どうにかして手元に置いておきたい。

そう思うのなら、出来ればまた日常の中で使って欲しいと思います。

それが指輪としての使い道であれ、また別の使い道であっても。

しまっておくよりもずっとずっと、二人の思い出を色褪せないようにしてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ