期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

 
 

憧れの婚約指輪……のちょっとがっかりな出来事

pose_4_mika

女性の多くは、婚約指輪に憧れを抱いているのではないでしょうか。

 

愛のこもったプロポーズと共に手渡される指輪。

指できらりと輝く指輪。

それは一生に一度しかない、思い出になる指輪です。

 

だからこそ、お気に入りの指輪でないととても辛いもの。

婚約指輪は貰えれば絶対に嬉しいものではなく「がっかり」してしまうことも多いのです。

 

せっかく彼氏が選んだ、憧れの婚約指輪でもがっかりしてしまう…

贈った方も辛いですが、贈られた方もそんなことをはっきり言う訳にもいかず、モヤモヤしたまま。

 

今回のテーマは

「彼氏が選んでくれた婚約指輪にがっかりというケースを防ぐ」

こと。

 

「そう」ならないためにはどうしたらいいのか。

 

その方法をお教えしましょう。

 

■どうしてがっかりは起こるのか?みんなのがっかり体験から考える

gravure_210_mika

では一番初めに、みなさんのがっかり体験談を紹介します。

婚約指輪選びのポイントがいくつかあるので、色々とポイントを見ながらチェックしてみましょう。

 

①指に合わないデザイン

誕生日に合わせて、夫からプロポーズされました。素敵な婚約指輪を選んでくれて、いえ、確かに嬉しいのですけど…

指輪のデザインがちょっと気になっています。失礼ですが、私の指には合いません。私の手は大きく、指も太めで短く見えてしまう指です。

しかし頂いた指輪は細めの華奢なデザイン…

とても繊細で可愛らしい指輪なんですけれど、ただでさえ太くて短い指がもっと太くて短い指に見えてしまいます。

折角選んでくれた彼の手前、私も文句が言える訳もなく喜んで貰いました。

 

だけどモヤモヤしたままになってしまい、結局、今に至るまで数年間着けてはいません

もったいないとは思うけれど、やっぱり私には合わないんです。

 

あの時にはっきり言っておけば良かったかな

と思いつつ、難しい問題ですよね

 

一つ目は既に結婚なされている方のエピソード。

人の指は千差万別ですから、規制されている服のようにぴったり合うものを探すのは難しいのです。

この方は自分の指を「太くて短い」と言っていますが、逆に「細くて長い」人や「太くて長い」というタイプの人もいるでしょう。

そういった指に合う指輪を選ぶには、サイズだけでなく「指の特徴」も大事になります。

サプライズで指輪を贈る時に彼女の指輪のサイズを調べることも大事ですが、指の特徴も良く調べておかないとこういった結末になってがっかりされてしまうこともあるので、気を配りましょう。

 

②彼女の好みを把握してしまった悲劇

プロポーズは嬉しいけれど、指輪を見て「え?」って言っちゃって気まずい思いをしました。

 

私は基本的に赤が好きで、身に着ける指輪やピアスはルビーや、赤い石を選んでいました。

で、たぶん彼氏としては私が好きだからとルビーで婚約指輪を選んだんでしょうけど…

 

いや、好きだけど婚約指輪ならダイヤモンドだろうと。

贅沢なのは分かっていますが、憧れていただけにショック。

つい漏らした一言に彼氏も「え?」…

重い空気になってしまって、その日は話し合いに。

 

ただ彼氏も私のために色々と考えたというのもとても伝わってきたし、私も思いやりがなかったと反省しました。

今は納得してますけど、でもやっぱりダイヤモンドが良かったという思いはちょっぴりあります。

それは結婚して、二人でお金を貯めてから…と思ってます

 

二つ目のエピソードは、彼女が好きな宝石をしっかりチェックして……起こった悲劇と言いましょうか。

 

ちょっとお断りしておきますが、婚約指輪は別にダイヤモンドにこだわる必要はありません。

婚約指輪にダイヤモンドがメジャー、と言われるようになったのは、40年ほど前にある宝石店が「給料三ヶ月分」というキャッチコピーでダイヤモンドを販売戦略するようになってからです。

 

あくまで販売戦略なんですね。

だからもちろん婚約指輪はダイヤモンド以外でも構いませんし、好みの宝石をチョイスしましょう。

ただしこちらのエピソードのように「ダイヤモンドの婚約指輪に憧れる」という女性もいますから、宝石選びには注意が必要。

彼女の好みだけでなく、婚約指輪へのイメージや憧れも加味する必要がありますね。

 

③相談相手が引っかかる

彼氏からプロポーズで指輪をもらったんだけど、よりによってお母さん(彼氏の)と選んだって言うんです!

何で私の贈り物を母親と選ぶの?とその場で喧嘩になってしまいました。

 

彼氏も彼氏で「君が選ぶデザインとかが分からなかったから」という言い訳はあるみたいですけれど、

 

だったら私と選びに行けよ!

 

何かギクシャクしてしまって、ちょっと冷却期間を置いています。

プロポーズの指輪を他の女性と(例え母親であっても)選ぶなんて有り得なくないですか?

 

こちらのエピソード、その後がとても気になりますが……これはデザインや宝石ではなく、一緒に選んだ相手が問題の様子。

こちらに限った話ではありませんが、プレゼント相手への贈り物選びを同性にしてもらう、と言うのは結構ありがちなシチュエーションです。

だけど相手によっては、贈るプレゼントによってはそういったことを嫌がる女性も多くいます。

 

一生の記念になる婚約指輪が他の女性の選択、という点が嫌!といった気持ちも分からなくはありません。

全ての女性が嫌がる訳ではありませんが、こういった失敗、がっかりもあり得るということで紹介させてもらったエピソードです。

 

ではこれらの失敗エピソードから、どういったことを防ぐことが婚約指輪でのがっかりを誘発しないか、を考えていきましょう。


婚約指輪のがっかりを防ぐために必要なこと

appliances_28_rika

・細かく、多方面からの下調べ

「彼女に指輪をプレゼントしたい、そのためにどうサイズを調べたらいいですか?」

という質問は良く見かけますが、指の特徴やどんな指輪が似合うかなどの追求までしている人ははっきり言ってほとんど見かけません。

 

指輪はアクセサリーですから、もちろんサイズが合うことは前提条件にしても「その人に合う」ことはとても大事です。

 

だから普段から、少なくとも指輪を贈る場合は相手の指の特徴も良く調べる、もしくは普段からどんな指輪を身に着けているのかを注意深く観察しておくことが必要になるでしょう。

また、指輪に親しんでいる女性なら自分の指の特徴も知っていて、どんな指輪が似合うかも分かっていますが、

あまり普段から指輪をしていない女性の場合は、彼女自身もどんな指輪が似合う指かは分かりません。

その場合はより入念に彼女の指を見ておかないと、彼女自身に身に付けてもらった時に「あれ……?」という事態になる可能性が高まります。

彼女自身と一緒に指輪を選びに行くならその時に一番似合う指輪を選べば良いですが、そうでない場合はより入念な下調べが必要になるでしょう。

 

・デザイン以外の選択肢

指輪はデザインも大事ですが、その指輪の宝石選びなどを始めとしたその他の要因も大事になります。

 

婚約指輪はプラチナ、ダイヤモンドが主流のように思っている人がいますが、決してそんなことはありません。

肌馴染みの良いゴールドを選んでも良いですし、そのゴールドにもピンクやホワイト、イエローと選択肢が多いです。

 

またダイヤモンドにはグレードがあり、このグレードで石の輝きは大きく変わってきます…

もちろん、お値段も大きく変わってくることは言うまでもありません。

 

一世一代の婚約指輪だから!とお金を張り込みたくもなりますが、それで今後の生活が圧迫されては元も子もないので、無理のない範囲で望む指輪を選ぶことをオススメします。

それとダイヤモンド以外の石ですが、近年ではダイヤモンド以外の宝石を選ぶ人たちも増えてきていることが分かっています。

 

と言うのも、ダイヤモンドの値段よりも他の宝石の値段の方が安価だからです。

同じ値段を出すならよりグレードの高い宝石を、同じグレードならより安価で指輪を手に入れることができるんですね。

 

こういった点からダイヤモンド以外の石を選ぶ人もいますし、思い入れのある宝石を婚約指輪にしたいという人もいます…

もちろん、ダイヤモンドの婚約指輪がいいという人もいます。

宝石だけでもたくさんの選択肢があるので、デザインだけで指輪を選ばないように、相手の女性がどんなポイントを重要視して指輪を選ぶのか…

そういった点にも気を配りましょう。

 

・相談相手は慎重に

男性からの、女性へのプレゼント選びは難しいですよね。

しかも、アクセサリーである指輪…

更に婚約指輪ともなれば高額なプレゼントですから、失敗したから買いなおそうというのはほぼ無理です。

そうなると失敗をしたくないから誰かにアドバイスを求めるのは、当然の話。

ですがその際に、相談相手選びは慎重に行う必要があります。

 

これは本当に難しい問題で「別に誰に相談してもいい」という人。

「私を知っている姉妹や友人ならいい」という人や「そこに他の女性に関与して欲しくない」という人もいます。

 

また「他のプレゼントなら良いけれど、婚約指輪は嫌だ」という人もいるんですね。

こうなってしまうとサプライズで指輪を贈りたい場合、だけど自分では選べないから誰かにアドバイスをしてもらいたい場合は良く彼女の性格を吟味するしか対処がないのが難しい所。

普段からさり気なく話題を振って、彼女の婚約指輪に対するスタンスを探っておきましょう。

 

……と、いくつかポイントを上げて、対処法を抑えてみました。

そしてその対処法やポイントを見て頂ければ分かるかと思いますが、サプライズで婚約指輪を用意する、つまり彼女に内緒で婚約指輪を用意して、がっかりされないようにするというのはとても大変です。

普段から入念な下調べをしておくだけでなく、色々な知識も必要とされます。

もちろん婚約指輪という馴染みのない物を贈る、ということも難しさに拍車をかけているということもありますが、やっぱりサプライズで相手に喜んでもらうというのはそれほどに大変なのです。

 

だけど婚約指輪を贈って、贈られてがっかりは防ぎたい。

そこでオススメしたい方法は「婚約指輪を贈る彼女と一緒に指輪を選ぶ」という方法です。

 

婚約指輪を贈って、贈られてがっかりを防ぐために!

pose_14_rika

なぜ彼女と一緒に婚約指輪を選ぶことを勧めるのかと言うと、

 

これだけで全ての問題点が解決するからです。

 

まず彼女が同行するので、彼女自身が指輪を試して選ぶことができます。

これでサイズの問題だけでなく、彼女の指の特徴に合わせた、本当に彼女に似合う指輪が選べます。

彼女自身が指輪に疎くて自分の指の特徴が分からなくても、婚約指輪を買う時にショップのスタッフについてもらえばアドバイスをしてもらえるので問題はありません。

 

また、デザイン、素材、宝石……いくつもの選択肢を、二人で選んでいけます。

一人で選んでいると悩みすぎて訳が分からなくなってしまうかもしれませんが、

彼女と一緒にいれば、

「彼女が気に入る」

もしくは「彼女に似合う」

という一つの指針を持って指輪を選べるので、迷うことはあっても悩むことはないでしょう。

 

ただここでポイントとして、指輪の予算だけは話し合っておきましょう。

なぜならメリットの大きい彼女と一緒に選ぶ方法は、唯一のデメリットとして予算という問題があります。

 

そうしないと相手も予算が気になってどんな指輪を選んでいいのか悩みますし、貴方も予算を超える指輪を選ばれて気まずい思いをする、ということが起こってしまいかねません。

そこで先に指輪の予算を予め話し合って、指輪選びをしましょう。

予算は指輪選びの指針にもなりますから、この点だけは話し合っておくことをオススメします。

 

そして相談相手に関して、もうこれは彼女がいる時点で解消される問題なので、何も言うことはありません。

サプライズするために彼女以外の女性に相談して、しかも隠れてだったので浮気を疑われた…

という悲劇を防ぐこともできるので、これが一番大きな理由とも言えますね。

 

そして女性と一緒の指輪選びをオススメする理由の一つとして、女性の本音も挙げられます。

ゼクシィのアンケート「婚約指輪は自分で選びたいか」という質問に対して

回答した86%の女性が「彼氏と選びたい」と回答しました。

これは一生の思い出になる指輪だからこそ自分の好きな物を、という本音ももちろんあるでしょうがが、

同時に「一生の思い出になる指輪だからこそ彼氏と一緒に選んで記念にしたい」という気持ちもあると思います。

 

その選ぶ時間さえも思い出にしたい、という女性の願いを叶えるためにも、同時に色々なポイントを抑えるためにも、女性と一緒に、二人で婚約指輪を選ぶことをオススメしたいのです。

 

そして二人で選ぶなら、ご紹介したいのがこちらのサイト

↓   ↓   ↓

日本最大級の婚約指輪専門店が見つかるサイト「ゼクシィ」

 

こちらは婚約指輪を取り扱うショップの紹介サイトになります。

その中でも特に注目して欲しいのが、来店予約。

 

来店予約と言うのはつまりはお店に来店する時間を予約することですが、これがとてもメリットが大きいのです。

プレゼントやサービス料金などのメリットから、来店予約をすることで人気ショップでも優先的に案内してもらえるというメリット。

 

また、来店予約をすることでお店が忙しくてもしっかりと店員が付いてくれます。

そのためゆっくりと商品が見られるだけでなく、相談に乗ってもらいやすいという更なるメリットまで。

婚約指輪はお店を見て回るだけでも大変なので、ぜひ来店予約を利用して手早く、そして充実した婚約指輪選びをして下さい。

 

地元のお店で婚約指輪の来店予約をする

がっかりが無い「嬉しい」を確実なものにする

pose_5_rika

婚約指輪はもらえるだけで嬉しい、それは間違いなく女性の本音ですが、同時にその指輪に不満を持ってしまうのも隠しきれない本音でもあります。

婚約指輪は飾っておくインテリアではなく、身に着けるアクセサリーですから、似合わない、サイズが合わない、そういった不満も小さいもの、大きいものに関わらず湧き出てしまうものです。

 

ではその不満を無くして、確実に喜ばれる婚約指輪を贈るには何が必要なのか?

それは彼女の不満を最小限にできるように、そして不満を知って解消するには何が必要になるのかを取り計らうことが求められるのです。

 

そして、そのための最大のポイントは「二人で一緒に選ぶ」ことが答えだと思います。

 

一生を賭ける指輪だからこそ、その選択肢を彼女と一緒に共有しましょう。

プロポーズの定番、ぱかっと開けた指輪ケースに入れる指輪を考えるのではなく、相手に「ここに入る指輪を一緒に選んで下さい」と女性に選択肢を贈る。

女性の望む権利を贈ることが、現代で求められている婚約指輪の一つの形だと私は思います。

 

彼女にあった指輪選びができる地元のお店がすぐに見つかります
↓   ↓   ↓



スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ