【婚約指輪は要らないという彼女の本音と建前】結婚してから実は…

 
 

婚約指輪は要らないと言う彼女の本音

ある調査によれば結婚する恋人同士の約70%が婚約の記念品を贈っているのですが、その内の約90%の人が婚約指輪を婚約の記念品としているようです。

この事からも婚約指輪と言うのは女性にとって唯のアクセサリーではなく、意味のあるアクセサリー、そして男性にとっても婚約指輪は、一つの区切りとも言える贈り物となるのでしょうね。

 

しかし、近年では、そんな婚約指輪を「要らない」と言う女性も増えてきている様子。

だけどその言葉通りに受け取って良いのか?その女性の本心は?

今回はそんな婚約指輪を必要ないと主張する女性の本音、本心に以下の観点から迫ってみましょう。

 

  • 婚約指輪が要らないと言う理由
  • その言葉を鵜呑みにして良いのか?本音はどこに?
  • 絶対にやってはいけない事

 

本当に贈らなくてもいいの?

本当の気持ちはどこにある?

デリケートな女性の本音、少しずつ紐解いていきましょうね。

スポンサーリンク


婚約指輪が要らないと言う理由

ここで「ゼクシィ結婚トレンド調査2015」出典からの、婚約指輪が要らないと言う理由をランキングで見て欲しいと思います。

 

1位 お金がもったいない 39.7%

2位 婚約指輪に意味を感じない 20.5%

3位 結納しなかったので必要なかった 19.7%

4位 普段身に着けるものではないから 17.4%

5位 予算がない 17.2%

 

見て頂ければ分かるように、とても現実的な面から婚約指輪を必要としない女性も増えてきているのですね。

確かに婚約、結婚となると資金が必要になるのが現実。

それなら新居や家具、これからの生活に取っておきたいと言う気持ちは理解できます。

 

また婚約指輪は身に着けないから代わりにネックレスやピアスを、と言う女性もいるようです。

 

それと5位の理由から察せるように、男性の懐を気遣って「婚約指輪は要らない」と言う彼女も少なくはありません。

ではこれを踏まえて、次に行きましょう。

 

■その言葉を鵜呑みにして良いのか?

さて、多くの場合で女性が「婚約指輪が要らない」と言う理由は「お金」……つまり金銭的な理由が挙げられています。

婚約指輪の平均購入額は30~40万とも言われているので、やはり決して安く購入できる物ではないですよね。

これから生活を考えると、経済状況はしっかりと考えていく事は大事です。

 

しかし、経済的な不安から婚約指輪を断った人に多いのが「本音で言えば欲しかった」と言う意見。

婚約指輪はただの高価な贈り物ではなく、婚約をしたという記念品にもなります。

その思い出が形になった婚約指輪が無い……それが、後から心のしこりになってしまう事もあるのです。

だから男性側としても「要らないと言うから」と言う理由だけで安易に婚約指輪を贈らない事を決めてしまうのは、早計と言わざるを得ません。

 

相手が本当に別の物にお金をかけたかったのか、それとも遠慮をして必要ないと言ったのか。

この問題は個人の価値観も関わってくる問題でしょう。

ともすれば今後の生活にも関わってくる問題ですから、二人の価値観に付いて理解を深めるためにも良く話し合う事が一番の解決方法です。

 

男性の贈りたいという思いも、女性の負担を避けたいという思いも両方はお互いへの思いやり。

 

しかし、内面には、もっと別の感情が潜んでいる可能性もあるのです。

表面の気遣いだけを見ていると相手に甘える形になってしまうので、この機会にじっくりと話し合いの場を持ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク


■絶対にやってはいけない事

ただ絶対にやってはいけないのは「遠慮しているんだろうから、サプライズで」と言う考えから勝手に婚約指輪を購入してプレゼントする事。

 

何故なら婚約指輪を身に着ける彼女自身。

気に入らないデザインの場合、そして本当に必要なかった場合は彼女を困惑させて、諍いの種になってしまうでしょう。

 

また金額から見ても軽々と何度も購入できる贈り物ではありませんよね。

まずは彼女の本音を確認する事、それが一番大切です。

 

その本音もただ遠慮しているケース、本当に必要ないと思っているケース、もしくは男性の経済状況が思わしくなくて遠慮しているケースと色々考えられますよね。

それを踏まえた上で話し合いを行いましょう。

例えば記念品として贈りたいと言う正直な気持ちを話してみる、指輪の代わりに新婚旅行のグレードアップを提案してみる、いずれスイートテンダイヤモンドを……など、贈り物の方法はいくらでもあります。

しかしどれも自分と相手が満足いく結果にならなければ意味はないので、彼女の本当の気持ちを確かめる事を最優先して下さい。

 

ただの自己満足にならないためにも、お互いの気持ちを確認してから行動して下さいね。

 

■本音を見抜けるかどうか

二人での生活、特に結婚してからの高価な買い物は基本的に家族を優先させる事になります。

一般的な家庭では、何度も高価な指輪を贈る、と言うのは難しくなるのが現状ですよね。

だから「婚約指輪を要らない」と言った女性の多くは後々「やっぱり貰っておけば良かった」と後悔するケースも多くあります。

 

そんな小さな不満が出ないように、相手の本音を汲み取れるようになりましょう。

 

「要らないと言われた」からではなく「要らないと言われたから考える」。

あくまで要らないと言うのは彼女、改めて二人で話し合ってから二人の答えを導き出しましょう。

 

婚約指輪はただのアクセサリーではなく、結婚という一生の大きな節目の記念品でもあります。

相手と話し合って、その裏の本音を聞き出してみて下さい。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ