【花のモチーフの婚約指輪】シャネルのカメリアとおすすめリング3選

 
 

フェミニンな花モチーフ婚約指輪

花……と言えば、やはり可愛らしく、女性らしいイメージがありますね。

女性の多くは花が大好き、季節によって色々な花があり、世界中で色々な花が開花している……そう考えるだけで、胸がときめきます。

しかし花は生き物、いつかは枯れてしまうもの…

それでも、永遠に枯れない花は存在します。

 

ブリザーブドフラワーや造花、なんて答えではありません、それは婚約指輪、花モチーフの婚約指輪です。

女性の贈り物の定番、花、その花を取り込んだ婚約指輪デザイン。

今回はそんな花モチーフの婚約指輪について、いくつかご説明しましょう。

 

  • 花モチーフに込められた意味
  • シャネルの「カメリア」ヒストリア
  • 花モチーフ、おすすめの婚約指輪

 

女性の好きなものを集めたような花モチーフ。

それを婚約指輪に、洗練されたデザインにするとどうなるのか。

それも同時に皆さんに知って頂きましょうね。

スポンサーリンク


花モチーフに込められた意味と、有名なシャネルの「カメリア」ヒストリア

まず花モチーフに込められた意味から知って頂きましょうか。

花はその蕾が開き、満開の花がどんどん増えていく姿から財産が増える金運UPのモチーフとされています。

 

また美と幸せの象徴でもあり、女性らしさを高め、様々な幸運を呼び寄せてくれるモチーフです。

 

そしてサイズにも意味があり、小花なら愛情運、大柄なら華やかさ、良縁には4枚花が良いと言われてもいます。

 

そして薔薇には愛の女神「アフロディーテ」が誕生する際に降った花として愛と美の女神の象徴的な持ち物とされ、キリスト教では聖母マリアの花であり、永遠の神性と純潔、神への愛の象徴とも言われるモチーフです。

日本ではお釈迦様の花である蓮の花も意味があり、泥の中から美しい花を咲かせる蓮は復活、再生のシンボルとされて、種子が多い事から子孫繁栄のシンボルとしても用いられています。

 

これだけの意味を持つ花ですが、花モチーフジュエリーとして一番に思いつくのはシャネルの「カメリア」ではないでしょうか。

 

シャネル CHANEL カメリア ダイヤリング WG J2579 #49 アクセサリー 

価格:488,000円
(2016/8/2 14:22時点)


シャネルのカメリアはマドモアゼル・シャネルが最も愛した椿の花で、シャネルを象徴する花として世界中のファンからも今もなお愛され続けている、シャネルの鉄板とも言えるモチーフです。

 

しかし日本人に椿、と言うと「首が落ちるので縁起が悪い」と思う人もいるのでは?

 

実はこの説、近世に始まった俗説です。

日本でも古事記の時代から椿は魔除けの力を持つ植物として吉祥模様とされ、宮中では椿の枝で作った杖を魔除けにしていました。

その理由は、椿の葉が厚く艶やかなので、そこに古人は生命の象徴を感じたからと言われています。

 

そんな椿のモチーフの意味は純粋さと長寿。

純粋な愛と長く続く愛、二つの意味が込められたシャネルのカメリア、花モチーフの婚約指輪と共に、いくつかご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


花モチーフ、おすすめの婚約指輪

そんなシャネルの一押し花モチーフの婚約指輪はこちら。

hanabira-ring

出典:zexy.net

カメリアコレクションのエンゲージメントリングです。

台座を花びらに見立てて咲く、カメリアを表現し、その中核にダイヤモンドをあしらったデザイン。

普遍的な魅力、人気を誇るひと品で数多くの女性の憧れのデザインです。

またリング部分にあしらわれているダイヤモンドもとても素敵ですね。

 

そしてもう一つ、やはりシャネルのカメリアコレクションエンゲージメントリングから。

hanabira-ring2

出典:zexy.net

こちら、リングのアーム部分かシェイプされたカメリアになっている事にお気づきでしょうか?

カメリア自体が指輪となり、ダイヤモンドを支えて指を彩るデザインになっています。

決して奇をてらったデザインではなく、着けてみるととても指馴染みも良い、考えられたデザインでもあります。

 

それと日本ハイジュエリーブランド「俄 NIWAKA」からも、花をモチーフにした指輪をご紹介しましょう。

nikawa9

出典:NIKAWA

《初桜 UIZAKURA》と言う、桜モチーフの婚約指輪です。

 

枝に咲き始めた桜をイメージした可憐で上品なデザインで、初々しい気持ちを感じさせてくれます。

右サイドにあしらわれたピンクダイヤモンドが、まるで桜の花びらのようでとても可愛らしいですね。

これまた日本人好みの、良く考えられた素敵なデザインと言えるでしょう。

 

 

こうして見ると、一言で花モチーフと言っても様々なデザインがある事が分かりますね。

永遠に咲き続ける愛の証として、婚約指輪に花モチーフを取り込んでみるのは、どうでしょうか?

 

永遠に枯れない、愛の証

咲いて枯れるのは、寂しいですが当然の事です。

 

しかし枯れた花もただ枯れるだけでなく、種子を残し、何かを残して枯れ、また咲くのです。

一つの花が枯れても、また蕾が開きます。

そんな事からも想像できるように、やはり花の美しさは永遠なのです。

そして花モチーフの指輪は、永遠に枯れる事はありません。

 

だけどその一つだけでなく、もっともっと他の蕾も花開いていくように。

大輪の花が咲くように、二人の愛を祝福する婚約指輪となると良いですね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ