【夢や希望を叶えてくれるパワーストーン】天然石クリソプレーズの意味と効果

 
 

クリソプレーズは、「アップルグリーン」と呼ばれる、青リンゴのような緑色のカルセドニー(玉髄)のことをいいます。

和名を「 緑玉髄 」といいます。

鮮やかなアップルグリーンは、含有されているニッケルによる発色です。

 

クリソプレーズの名前の由来は、ギリシャ語で「 金 」の意味の「 chryso 」と薬として珍重されていた野菜のニラを意味する「 prason 」からきていると言います・

 

クリソプレーズは、古代から愛好されてきた宝石でしたが、少量しか産出されない幻の石と言われた希少石でした。

しかし、20世紀にオーストラリアのクイーズランドで大鉱床が見つかったため広く行きわたるようになりました。

 

オーストラリアで多く産出されると、その色味や質感が翡翠によく似ていることから「 オーストラリア翡翠 」と呼ばれてもいます。

 

ギリシャ、ローマ時代から、カメオやペンダント等の装飾品として使われてきました。

 

その美しい緑色は、見ているだけでも癒され魅了されてしまいます。

他のどのパワーストーンと比べても、特筆すべく美しい石です。

 

クリソプレーズの原産国 / 価値について

 24.クリソプレース

クリソプレーズは、オーストラリアで最も多く産出され、他にタンザニア、ブラジル、アメリカ等があげられます。

カルセドニーグループの中では最も価値が高い石と言われています。

オーストラリアで産出される前は、希少性の高い石でした。

但し、今でも高品質のカルセドニーは、高価で手に入りにくい宝石です。

 

クリソプレーズのパワー

 

クリソプレーズは、心に明るい風を吹き込んでくれるパワーをもった石です。

くよくよしてしまったり、ささいな事で悩んで心が淀んでいる時に、美しいアップルグリーンの光沢のある輝きが不安や悲しみを押さえてくれます。

このように精神面に強く作用してくれると言われています。

 

また、才能を引き出し人生においてのステップアップをア後押ししてくれる石でもあります。

 

クリソプレーズ・こんな人におすすめ

 

人の態度や言動が気になってくよくよしてしまう人

 

友人や会社の同僚、上司等に何気なく言われた一言が気になって、心が痛んでしまう。

こんな事を言ったら馬鹿にされてしまうのではないか等、常に相手の出方や行動にびくびくしてしまうような人っていますよね。

学校や会社、家においても、人間は集団生活を強いられます。

 

人付き合いは中々面倒な物ですが、その分、喜びを分かち合ったり、悲しい時には慰め合ったりと、一人では味わえない支えがあるのです。

対人関係を気づくのに疲れてしまう人に、クリソプレーズは、もっと「リラックスして」と、優しく光を与えてくれるはずです。

人が何を言おうと自分は自分。人は人。

みんな違う考えや生き方があって、育った環境も違います。

ポジティブにとらえて、前に進んでいきましょう。

協調性も高められ人間関係もスムーズになっていくはずです。

 

才能を開花したい

 

クリソプレーズは、夢や希望を開花してくれると言われている石です。

夢に向かって挑戦している人に希望の光を差し込み、その才能を全面的に応援してくれます。

資格試験や、就職試験、オーディション等あなたの頑張ってきた才能を遺憾なく発揮するために、クリソプレーズのブレスレットやピアスを身に着けて、勇気をもって挑んでみてください。

 

例え失敗しても大丈夫。

チャレンジは、あなたの糧となり経験となり、次への大きな武器となるのです。

前向きにしっかり地に足を付けて進んでいきましょう。

スポンサーリンク


クリソプレーズとお勧めの他の石との組み合わせ

 

クリソプレーズ +  アパタイト

チャンスを引き寄せる

 

クリソプレーズ + ブルーカルセドニー

夢を現実にするお手伝い

 

クリソプレーズ + インカローズ

恋愛において積極的になれる

 

クリソプレーズのお手入れ方法

 

クリソプレーズを直射日光に長い間当ててしまうと退色してしまう恐れがあるので、日光が当たる場所での保管は避け、ケースや箱に入れて引き出しに保管しておきましょう。

汚れてしまったら、やわらかい布でそっと拭いてあげてください。

 

クリソプレーズについてまとめ

 

古代ギリシャ・マケドニアのアレクサンダー大王は、わずか20歳で王位を継いでから諸都市国家が乱立する古代ギリシャを統一しました。

その後、次々と領土を拡大しペルシアを滅ぼし、ギリシャ・オリエント世界にまたがる一大帝国を築き上げた偉大な人物です。

 

ナポレオンは、カーネリアン( 紅玉髄 )を護符として肌身離さず戦いに挑み、ヨーロッパ全土を席巻しましたが、もっとずっとずっと歴史をさかのぼった古代ギリシャのアレクサンダー大王は、クリソプレーズ( 緑玉髄 )を護符として肌身離さず身に着けていたのです。

 

カーネリアン( 紅玉髄 )も、クリソプレーズ( 緑玉髄 )も同じカルセドニー( 玉髄 )の仲間です。

時代は違えど、歴史上に英雄として刻まれている人物が神がかっているのは、並外れた強さとパワーが必要なのは言うまでもありません。

しかし、それを後押ししている目に見えない揺るぎの無い確かな風が吹いているとしか思えません。

玉髄グループさん、恐るべしです。

 

一説によると、無欠で突き進んでいったアレクサンダー大王は、ベルトに装着して常にクリソプレーズを身に着けていました。

ある日、入浴中に外していたベルトを蛇にかまれ、大切にしていたクリソプレーズは川に落ちてしまいました。

 

体の一部であったクリソプレーズをなくしてしまったアレキサンダー大王は、32歳という若さで病死してしまいます。

 

偉業を成し遂げたアレキサンダー大王とクリソプレーズはまさに深いつながりで結ばれていたのでしょうね。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ