【真実の運命に導き、ネガティブを消し去るパワーストーン】天然石アメジストの意味と効果

 
 

水晶の中で紫色、ライラック色、ふじ色の色合いの石をアメジストと言い、日本名では「 紫水晶 」といいます。

2月の誕生石で、美しい紫色の高貴な石です。

 

アメジストは、ギリシャ神話に出てくる少女の化身と言われています。

 

荒くれ物の酒の神バッカスが酒に酔い、今から最初に出会った人を猛獣(ピューマ)に襲わせようとしました。

そこへ運悪く偶然通りかかったのが、月の女神ディアナの女官のアメジストでした。

何も知らないアメジストは、何となく背後に嫌な予感がしました。

猛獣ピューマが鋭い爪を立て、今まさにアメジストの可憐な首筋に襲い掛かろうとしたその時、アメジストは石になってしまいました。

月の女神ディアナが、アメジストを助けるために無色透明な水晶に変えたのです。

酔いがさめた荒くれ物のバッカスも、さすがに自分がしでかしたことに深く反省し、無色透明の水晶に変わってしまったアメジストに、極上のワインを注ぎました。

 

すると、水晶はたちまち透き通った紫色に代わり、美しい「 アメジスト 」になったと言われています。

 

バッカスは己を悔い、このアメジストに呪文を刻みました。

「 この石を身に着けたものは誰でも、どんなに深酒をしても酩酊状態にならないと…。」

 

アメジストが、ギリシャ語で「酒に酔わない」という意味があるのは、そんな言われからきているのです。

スポンサーリンク


アメジストの原産国 / 価値について

10.アメジスト

アメジストは、ブラジルが最大の産出国であり、ウルグアイや、南アフリカ等でも算出されます。

また、韓国や北朝鮮でも算出されます。

 

かつては、王族のみが使用することを許された貴重で高価な石でしたが、その後豊富に産出されるようになり、今ではアメジストを知らない人はいない程、ポピュラーな宝石になりました。

 

世界的に見ても最も人気のあるカラーストーンであり、様々な形状にカッティングできる点で、カルティエやブルガリ等の有名宝飾ブランドもアメジストを使った美しいデザインのリングやネックレスを出しています。

一般市場に出ているジュエリーにも豊富に使われ、ビジネス的にも重要な宝石です。

 

アメジストのパワー

 

アメジストは、霊的に大きなパワーをもたらしてくれる石です。

お守りとして身に付ける事で、ネガティブになりがちな心をコントロールしてくれます。

 

また、真実の愛を与えてくれる石とも言われています。

 

昔から紫は気高く高貴な色と崇められてきました。。

宗教的な儀式等にかかせない色でもあります。

紫の袈裟は位が高い僧侶でないと着用が許されないといいます。

 

そんな紫色に輝くアメジストを身に着ける事で崇高な気持になれ、自信と勇気がみなぎっていくエネルギーを感じることが出来るでしょう。

 

アメジストこんな人におすすめ

 

・運命的な出会いが欲しい

会社と家の往復で、新しい出会いがない。と思っている方には是非アメジストのアクセサリーを身に付けてみてください。

アクセサリーを身に付ければ、それに合うお洋服をお洒落にコーディネートしたくなります。

いつもより念入りにお化粧をして髪をセットしたら、人に見られたくなります。

少し遠出をしてぶらぶらしてみようと自然に足が動くはずです。

いつもと違う行動をとってみると、運命の出会いがあるかもしれません。

アメジストを身に付けて行動してみましょう。

 

・大事なお客様を酒の席で接待する時

大事なお客様を接待する時、お客様を気持ちよく酔わせて楽しい酒宴の席にすべく頑張りましょう。

自分の方が飲みすぎて、ベロベロにならないようにアメジストの力を借りましょう。

失敗したくないパーティにはアメジストのパワーを借りましょう。

 

・常に不安やストレスを感じてしまう

常に心がネガティブになってしまい、不安やストレスで押しつぶされるような気持の方は、アメジストを見つめてみてください。

精神が安定し、気持ちが楽になり、不安やストレスが消え、穏やかな気持になれるはずです。

スポンサーリンク


アメジストとお勧めの他の石との組み合わせ

 

  • アメジスト + ルチルクォーツ(針水晶)

成功を早める

 

  • アメジスト + ダイヤモンド

ワンランク上の自分へと導く

 

  • アメジスト + スギライト

神秘的な力を高める

 

アメジストのお手入れ方法

 

アメジストは、熱に弱いので長い間直射日光の下に置いておくと退色していまいます。

保管の際は気を付けてください。

時々月光浴等で浄化してあげましょう。

 

アメジストについてまとめ

 

怖い位高貴なエネルギーを感じるアメジストは、妖艶な魅力もあり官能的な色でもあります。

アメジストは恋人を招き寄せる石でもあるので、その官能的な紫色のエネルギーに引き寄せられて思わぬ恋におぼれます。

 

めくるめく日々に夢中になりすぎて、自分を見失ってしまうくらいに恋に溺れてしまったら、もう責任は負えません。

アメジストの気高さを忘れてしまうくらい、情熱的になりすぎてしまうとバランスを崩してしまうのです。

 

その時、アメジストの魔力は一気に冷めてしまいます。

 

アメジストはある意味怖い石です。

 

一日中つけることなく時々外して、冷静になることが大切なのです。

アメジストの持つ気高さと清らかな気持を忘れないように身に付けましょう。

スポンサーリンク


   

当サイトでよく読まれている人気の指輪の記事です 

 

【40代・50代の女性におすすめの指輪】ブランド別のランキング

【結婚指輪はどこで買う】直観が危険!失敗しない選び方と購入場所

【婚約指輪のお得な購入術】おすすめの購入時期とショップ3選

【結婚指輪がすぐ必要】急ぎでも安心して購入できるおすすめショップ3選

【ランキング形式で紹介】欲しい指輪が見つかるペアリング通販サイト3選

挙式前に忘れたくない指のムダ毛処理!指輪と脱毛の関係はもはや常識

期待外れの婚約指輪でショック…がっかりさせない為の上手な指輪選び

【結婚指輪のお得な買い方】見逃したら大損?結婚指輪が安くなる時期

来店予約がなぜおすすめなのか?結婚指輪・婚約指輪の賢い購入方法

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ